シエラレオネでルアー釣り。激安ソルト用バイブレーションが火を噴いた!!

今の宿舎から歩いて行ける距離に海がある。何度googleサテライトで見ても砂浜。サーフです。

何度も言うけどサーフで釣れたためしがないんよ。一回も釣ったことがないからどう釣れるかのイメージがわかへん。

ボウズ覚悟で修行釣りやなぁ~~と思って行った。以下釣行記です。

 

突然釣りに行こうとなる

朝3時過ぎに停電で起きる。クーラー止まった~~

夜はそんなに熱くなくむしろ涼しいからいいんだけど、一度起きちゃうともう一回寝れなくて仕事してた。

こっち朝の3時は日本の12時、台湾と中国は11時。何ら問題なく仕事できる。

しかし電気がないからPCのバッテリーがもたない。

仕事にならんなぁ~~

 

釣り行くか~~

 

家から歩いて行ける距離の海はサーフなのであまり行く気にならなかった。釣れる気が全くしないから。

でも、電気がない状態だと何もやることがないので、時間無駄にするのも嫌だ。

寝ようにもクーラーないから熱くて寝にくい。

結局9:30くらいからノロノロと準備をしだし、出かけた。

 

西アフリカサーフフィッシングの装備

帽子:台北タックルベリー士林店にてタダでもらったもの。

眼鏡:JINSで作った調光レンズ入り眼鏡

上着:tuぁぁのロングTシャツ

日焼け止めに首にタオル巻いておっさん臭を遺憾なく発揮している。

 

靴:クロックス(本物)

水着:taobaoで買ったクイックシルバーのスパッツ的水着

短パン:どこのメーカーか忘れた

 

海に入る気満々の装備でレッツゴー

 

シエラレオネの辺鄙な荒野を歩く

宿舎から10分くらいで海に着くんですが

サバンナという感じの荒野だな。

湿地帯に入っていく。周りはマングローブの原生林。台湾もマングローブ多かったからこれと言って感じることはなくせっせと歩く。

湿地帯から水の中をざぶざぶ歩いていく。小さな魚がたくさんいる。ガサガサを練習しておけばよかった。こういう雑魚も確保して写真に収めたいんですよね。網なんもないけど。

マングローブの林を抜けると・・・・・

海に着いた。マングローブの根っこみたいなのが波にさらわれて、腐った木くずなのか黒いものが大量に波打ち際にたたきつけられていた。

そう考えると栄養が豊かな海なんだろうなと思う。

一番奥のほうに見えるあれがロックエリアちゃうかな???

あそこまであるくでぇ~~

ほぼ人と遭遇しない。たまに現地人に会うだけ。それもたまに。ほぼ人がいない。

サーフの端っこまできた。30分くらいかかった。結構な流れの川になっている。そこが砂だけに足場が安定しないな過去の流れを渡るのは危険を感じて渡らなかった。

これが海に流れ込み左側はロックエリア。右はサーフ。この地形変化、釣るならここでしょ!!

いつものようにポイントをさらすと、こちらです。

 

ソルト用バイブレーションをスローでただ巻き

根がかりが怖くて、あと釣れないと思ってやり始めたので、なくなって良いルアーをチョイス。

タイバオで買ったソルト用バイブレーション28gを投げ始める。

ワールドシャウラ1753r-5+レボx+PE1号+リーダー20lb

かっとぶねぇ。

ボトムまで沈めてゆっくりリトリーブさせていた。

 

アフリカアカフエダイが釣れた!!

まさか釣れると思っていなかった。ロックエリアと流れ込みの間あたりに投げ込んでゆっくり巻いていると、

ふいにガツンと衝撃が走る。どう考えても当たりや!!

そこから巻く。波に翻弄されつつ、河川の急流に押し戻されつつ巻く。

そして釣れた。

釣った瞬間、あれ?マングローブジャック?って思った。大西洋のこんなところまでマングローブジャックいるんかなぁ??なんかマングローブジャックとは違う気もするなぁ~~

見れば見るほど・・・・・・うまそうだ

この辺サンゴとかなさげだし、シガテラ毒ないんちゃうかな。食ってまぇ~~ということで確保

記録33cm

学名:Lutjanus agennes

和名:アフリカアカフエダイ

英名:African red snapper

最大で139cmという記録があり、平均でも50cmくらいらしい。つまりこの子は幼魚だったようです。ただ、結構引いたのででかくなるとかなりやばいですね。

今回も同定していただいたのは椎名まさとさん。サイトはこちらです→海水魚ラボ

 

しかし、食べようと思っても釣りしているときにナイフもはさみも持ち合わせていないことに気づいた。〆れないし、さばけない。

しょうがないからカラビナにひっかけておいた。

 

アフリカアカフエダイを塩焼きにして食べてみた

塩焼きにするなら炭火で焼きたい。なるべくおいしく食べたい!

時間かかるけど炭火焼きにしてみた。

うまかった。淡白で臭みゼロ。皮までいけるおいしさ。文句なしにうまい。

これ釣ったらまた食べよう。

とりあえずはさみを買いに行こうと思った。

 

シエラレオネでソルト用バイブレーションの終わりに

今回のアフリカ旅行初の釣果であり、シエラレオネで初の釣果。正直に嬉しい。素直に嬉しい。めっちゃうれしい。ネット上にショアからのランガンでは全く情報がない。だから完全なる自力開拓釣行。地形を見て、ココナラ釣れるんじゃないかなというこれまでの経験からの勘に頼った釣行。

ボウズでも文句はないけど釣れるとめちゃうれしい。最高だな!!

帰り道、無性にコーラでいっぱい景気づけしたかったけど、お店が全くない!!

どんな田舎やねん。

とりあえず一歩を踏み出しました。

今後身に付けたいスキルはガサガサとサーフで離岸流見つける目ですね。

近くにダムがあるのですが、何とかそこに行って淡水釣り出来ないかなと思っています。

ジャングルをラッセルかぁ~~

蛇やトカゲややばい生き物いてそうですけどね。行けたら行きます。

この記事が気に入ったら
励みとなりますので、いいね ! お願いします。

Twitter で

シエラレオネでルアー釣り。激安ソルト用バイブレーションが火を噴いた!!” への4件のコメント

    1. >おあずけさん

      いつもありがとうございます。
      何とか今回も一応は成功です。
      ただ、シエラレオネはめちゃ感じがいいので長期滞在してもっといろんな種類の魚釣れないかなと考えています。

  1. 昨年は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。
    このアフリカアカフエダイは台湾にも生息していますか?今回似たような魚を台南の釣り堀で釣れました。

    ヤバい生き物や事故などに気をつけてワールドフィッシングを楽しんで帰ってきてください^_^
    ご活躍を応援しております!

    1. >メイパパ さん

      こちらこそ今年もよろしくお願いします!!

      >このアフリカアカフエダイは台湾にも生息していますか?今回似たような魚を台南の釣り堀で釣れました。
      ◎それはほぼ確実にマングローブジャックという魚です。アフリカンアカフエダイ釣ったときにマングローブジャックかと思いました程似てます。

      事故、やばい出来事は想定の範囲内ですが、生還できるよう常に最善の努力を払っていこうと思っています。
      ありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。