台北で台湾馬口魚釣り オイカワっぽい魚 エビ釣りとチョウザメ釣りも可能です。

釣りを最近してないという人から連絡もらう。

ぶらっと出かけたい。

自然が豊かなところに行きたい。

可能なら釣もしたい。

 

ほぼ釣る気なしだけど、釣具準備して出かけた。

10分くらい投げれたらハッピーかなというくらいの気持ちで出かける。

 

バイクニケツで出向いた先はエビ釣場通り。

至善路3段あたり。

とりあえず一番手前のエビ釣場を見てみる。

おっちゃんが言うには、このエリアはどこもこの値段やで~~

ロッド一本の値段です。3人で一本だったら1時間350

だいたいの人が2時間くらいはやるらしい。

釣ったエビはそばにあるエビ焼き機で自分で焼けという話です。

さらに、スタッフに焼いてほしかったら200元かかるらしい。

かなり良いお値段の遊びです。

1時間1000円くらい。ロッド、餌込み

どうしても行きたいという人がいたら一緒に行くけど、

とても行きたいと思わん。

バス掘りが一日300元やもん。

こっちは釣ったエビ食べれるけど、そんなに狂おしいほどエビが好きという者ではありませんので。

 

さらにここから進んでいくと、看板に・・・・

釣鱘龍魚という文字が見えた。

中華チョウザメ釣り堀か!!!!

実は一回釣ってみたかった。

これはおもろそうだということで行ってみた。

確かに中華チョウザメ釣場。

2時間1200元・・・・高い!!!!4400円くらい

自前の針、餌使用禁止。

ひっかけ、ギャング釣りもダメ。

釣れた場合200元で買い取り、

屠殺は100元/匹

料理は350元。ただし750gまで。

それ以上は2品分の料金となります。

8番の意味は不明w

確かにやってる。

一人釣りしてはる人がいたので声をかけてみた。

聞いたらこのプールの手前側がマスとバスがいて、奥に中華チョウザメがいるらしい。

で、おっちゃんはマス&バス釣り堀で釣りをしていた。

正直、めっさ高い・・・・・。まぁ持ち帰り可能プールなのでしょうがないか。

エビ釣代金はさっきの店とほぼ一緒の値段。

 

プールでチョウザメはねぇ。

ちょっとほかにもチョウザメ釣り堀あると思うので探してみようと思った。

ちなみにチョウザメは餌釣りになる。ルアーで釣れるという話は聞かないね。

 

そして、さらにバイクで走る。

川べりに降りれる場所があったので降りてみた。

おっちゃんが釣りしてた。脈釣り。

すぐに釣れていた。餌釣りは強いなあぁ。

何が釣れるか聞くと

溪哥石斑(ジャガーシクリッド)

家で調べてわかったことがあった。

オイカワと溪哥は別物だった!!!!!!!!!!!

自分でもええええええ~~~~って感じだ。だって見た目ほんま同じ。

 

ここでいきなりこの日の釣行記から離れて溪哥とオイカワに関するネタを書く。

オイカワ 学名:Zacco platypus

溪哥 中国名:粗首鱲 学名:Opsariichthys pachycephalus 別名:Zacco pachycephalus

この二つ、学名が違うなぁと思ってた。

ただ、個人的に勝手にシノニムだと思ってた。

fishbaseも時に間違いがあるらしいが、私のような学のないものはfishbaseを頼らざるを得ない。

なぜならほかに信頼できる文献をネット上で探すことができないからだ。

で、オイカワのシノニムリストの中にも溪哥のシノニムリストにもお互いの学名がない!!!!!

 

さらに、ここに中国大陸で釣れる马口鱼まで入れてしまうと

わけがわからなくなる。幸いにして马口鱼は口がかなり特徴的だから判別がしやすい。

 

以下にネット上からもらってきた写真を晒すが

まずオイカワ

引用:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%AF.JPG

 

次に溪哥

引用:http://archive.zo.ntu.edu.tw/fish/r_fish_index.asp?fish_id=F0041

 

马口鱼

引用:http://blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=rkqrkrakstp&logNo=60129850644

 

・・・・・・・・見分けがつかん!!!!

とりあえず、この手の魚が日本で釣れたらオイカワ

この手の魚が台湾で釣れたら溪哥

この手の魚が中国大陸で釣れたら马口鱼

溪哥の日本語名?つけるなら当然・・・・・台湾オイカワだなw

 

話がどんどんずれていくが・・・・

こちらのサイトを読ませてもらった。

香港のオイカワも十把一絡げにZacco platypusとされているが、

どうも別種のような感じらしい。

深い・・・深いぞオイカワの世界!!!!

オイカワ学者とかおらんのですかね?

おられてもネット上に情報晒してないだけやと思いますけどね。

私みたいなパンピーにもわかりやすいオイカワ論文が読みたい。

青系パーマークの魚コンプリートも難しそうですね~~

まだ世界にはいるんかもしれん。香港のそれもイマイチ認識されてないらしいし、

こういうネタはかなり好きなんですが、釣りブログとはかなりかけ離れた域にある気がする。

 

ちなみにめっさ混乱させるようだが・・・・・

このあと私が釣り上げた魚が、台灣馬口魚wwwww

また別種なんですよ。

こうわけわからん混乱させる魚種に身近に接しているから違いが微妙にわかるが、

台湾とか中国、まして釣りとか全く興味ない人からすると、

何もおもろない話やろね。

そんな人はここまで読んでこないか・・・・。

 

おっちゃんの返答でここまで話を引きずってしまった。

話を戻すと、その後バイクでさらに上流に走る。

美しいナメが多いこの辺。釣りには適してないようには思える。

 

そして、川に降りたところで一つ大きめの淵を見つけ

15分時間もらっていいですか?とロッドを振り始めた。

深場に中華マイクロスプーンを沈ませ、スローで巻いていくが全くあたり無し。

とりあえず全方向に投げようと、シャローに投げたら即ヒット

 

先日マーレイコッドの餌にされていたやつや!!!!

台灣馬口魚ゲット!!!!!

 

はい。いつものように初物が入りましたので記載します。

俗称:台灣馬口魚

中国名:臺灣鬚鱲

学名:Candidia barbata

日本語名:タイワンアカハラ

 

検索してたらここに面白そうなタイトルがいっぱいあるのだが、

これらはどうやって閲覧できるんだろうか?

http://jglobal.jst.go.jp/search/#%7B%22keyword%22%3A%5B%22%5C%22201550000195958109%5C%22%22%5D%7D

 

そんなこんなで、ワイルドで釣れた。

台湾来て釣った魚

ラージマウスバス

インドパシフィックターポン

モザンビークティラピア

マーレイコッド

タイワンアカハラ

これで5種目。

ワイルドではまだ3種のみ

ワイルドボウズも4連発で止まった。

次回はニゴイとスカイゲイザーを狙いたい。

 

今回使用タックル

ロッド:ワールドシャウラツアーエディション2651f-4

リール:レブロス 2500

ライン:山口漁具1.5号PE+ニトロン DFC 5号だったと思う・・・

ルアー:中華25円激安2gマイクロスプーン

 

今思うとめっさブットいリーダー使用してるな・・・・。

さすが邪魔くさがりの私だわ。

この記事が気に入ったら
励みとなりますので、いいね ! お願いします。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。