フィリピン、パラワン島プエルトプリンセサで釣り 地底河川公園ツアーの時に

後のネタで出すけど、

iphoneを海に水没させてしまい死亡。

おかげで写真がほとんどない。

 

https://www.facebook.com/pg/3Bs-Tours-and-Travel-190563294303880/about/?ref=page_internal

 

この現地旅行代理店で地底河川公園ツアーを申し込んだ。

一人2000ペソ(2018年6月)

 

ツアーに入ることはあまりしないのですが、

今回はおとなしくツアーに入ってみた。

 

朝8時に14人乗りハイエースで迎えに来てもらい、

14人満員で行く。

10時に地底河川公園へのボート乗り場に着いてガイドのおばちゃんが一言。

 

11時にここでランチね。以上。

 

え?一時間自由時間ってことか???

待ち時間があるとネット上でも書いてあったので

その時間に釣りができるかもとライトタックルをリュックに忍ばせておいていた。

 

そして、目の前に広がるビーチを見回し、

釣れそうなポイントと思える場所に向かって躊躇なく歩きはじめた。

考える余裕とかないですわな。時間との戦いなので。

直感で、遠くに見える地磯が良いと思った。

 

15分少々で地磯に到着

そこから準備に数分。

考えたら釣りの時間は20分か・・・。

ダメもとで始める。

 

とりあえず、世界でキャスティングするという証拠写真を撮りまくる。

この行為の時点で釣れると本人思ってないわな。

世界で釣るんじゃなくて、世界でキャスティングやから・・・・。

韓国ボウズ、ベトナムボウズというかなり輝かしいボウズレコードを持ってますからね。

 

この20分くらいで何を投げるか。

どう見ても岩礁エリア・・・・・ロックフィッシュかぁ。

やったことないわ。

 

とりあえず、

タックルベリー台北店の店長お勧めのグラスミノー

を投げてみた。なぜこれにしようと思ったのかは自分でも不明だけど、

とりあえず投げていたら

 

釣れたwwww

 

fishbaseのフィリピンのところで探してもうまく見つけることができなかったので、

お世話になっているお魚に詳しい、椎名さんにメッセージを送って教えてもらいました。

 

日本語名:アオスジハタ

学名:Cephalopholis formosa

中国語名:台湾九棘鲈

英語名:Bluelined hind

 

ロッド:ワールドシャウラツアーエディション2651f-4

リール:ダイワレブロスA2500

ライン:山口漁具PE1.5号+4号ナイロンリーダー

フック:タオバオ激安3.5gジグヘッド

餌:エコギア グラスミノー

 

やった!!!釣れた!!!

と思ったら時間が来た。

 

帰り際にふと見たら、

この辺は釣り禁止って看板が立ててあったwwww

 

まぁ、本音と建て前みたいなもんがあって、

中国でも台湾でも日本の一部でもそうなんですが、

そこで事故が起きると管理者の責任が問われるから

釣りはやめとけと言う看板があったりして、

地元民はそこで普通に釣りしてたりすることもよくある。

 

ただ、そこが釣り禁止の看板あっても釣りできる場所かどうかは知らんので、

タガログ語、英語が堪能でない人にはあまりお勧めできない。

釣りする前に私は看板を発見してたら、たぶん釣りしてなかったと思う。

一応中国でも台湾でも釣り禁の場所は先行者がいるかを確認してからやる。

パラワン島のそこは私しかいなかった。

私英語しょぼい。タガログ語はありがとうしかわからん。

逃げるようにその場を離れましたわ。

 

その後のツアーに関しては特になし。

とりあえず海外行き当たりばったり釣行で初めて釣れたんじゃないかなwwww

自分でもびっくりした。

 

この記事が気に入ったら
励みとなりますので、いいね ! お願いします。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。