フィリピン、パラワン島プエルトプリンセサで釣り アオスジハタがガンガン釣れた GTはノーバイト!!

フィリピンのパラワン島プエルトプリンセサに行って釣り。

一日釣りができる日を作れた。

前日にレンタルバイクを借りておいた。

yamaha xtz125

一回オフ車乗ってみたかったんですよね。

よくよく考えてみたら、ちょろっとでもいいからバイクを乗ったのはこれで6か国目か

日本、中国、台湾、マラウイ、ベトナム、フィリピン

 

結論を先に言うと、フィリピンが一番交通状態悪いね。

夜ライトつけずに走っているし、いきなり飛び出る、いきなりUターン、道悪いし・・・・・・

 

 

 

 

最高だな!!!!

 

 

 

 

めっちゃおもろかった。

今回同行者に言われた。

Gaoxingって普通日本人が良いと思うポイント全く良いと思ってないよね。

逆に多くの日本人が嫌がる部分を楽しいと思っているよね。

いや・・・・旅行にワイルド感と非日常を求めているだけなんですけどね。

ただ、日常もルールがないような社会で生活する方が好きな気がするがね。

 

というわけで、フィリピンの評価がものすごく上がってしまった。

フィリピンは35歳以上で500万円少々貯金を入れておけば永住権取れるらしい。

アリやな・・・・・。

フィリピン移住するならボート買いたいねぇ。

安い木製バンカーでいいから。

 

 

で、朝からバイクで出かける。

下の動画見る価値ないと思うけど、

プエルトプリンセサに行く予定の人が道の雰囲気がわかればと思ってアップしておく。


前日に軽くバイク試運転がてら町を走ってみてわかった。

海岸沿い・・・・リゾート施設が占有してて部外者が入れない。

つまり、海岸に近づくことができないどころか、

海が見えない!!!!

 

これは予想外だった。

前日、この町に詳しい人に計画を話したら、

行こうとしている南側もリゾート施設に海岸線を買い占められているということらしい。

そこでお勧めされたのが

Nagtabon Beach

あとあと台湾に帰ってからわかったのですが、

ここあまり魚がいないとか。

日本人の記録なのでほんまかどうかは不明です。

ただ、シュノーケリングする現地人がたくさんいたので

魚いなかったらシュノーケリングせぇへんやろと。

 

バイクで1時間かからなかったと思う。

バイク駐輪は無料。

ビーチサイドの売店でパンを買ったら15ペソ。

安すぎだろwwww

とりあえず地磯を目指して歩く。

ビーチに人は少ない。

左手のほうに向かってどんどん歩く。

そして、陸がほぼなくなった。

歩いて渡れないか確かめるため荷物を置いて確かめてみた。

ちなみにこの日の装備は

 

上着:白Tの上にタオバオで買った安い防晒服(日本語で何と言うのか知らん)

水着:クイックシルバーのロングスパッツ

ズボン:速乾性の化繊短パン

靴:アディダスのClimacool Boat Lace Shoes

偏光レンズ:タオバオで買ったメガネの上からつけるもの

 

迷いなく海に入れる装備にしておいた。

そして海に入って深さを確かめてみた。

行けるわぁ~~~

とそこで気が付いた!!!!

 

 

 

 

 

 

 

短パンの後ろのポケットに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iphoneぶち込んだままだったwwwww

 

 

 

 

 

 

やばっと見たら電源が入ってたので、良かった一瞬浸かっただけで生きてるわぁと思ってたが、

あとあと確認したら電源が落ちててうんともすんとも言わなくなっていた。

死亡~~~~~

というわけで、取っていた写真はすべてパァになった。

まぁ観光興味ないから良いんだけどね。

小蚁のアクションビデオカメラで動画と写真が撮れるけど、

画像確認ができない。適当に感覚で撮った写真をこれからアップする。

 

とりあえず地磯について周りを一周確認


なんか洞窟ある・・・・。その手前までで陸地は途絶えている。

荷物がそれなりにあるので泳いで奥地へ行くことは難しい。

ざっくりとこんな感じの地磯に陣取った。

太陽から身を隠すところが皆無な場所。

 

まず第一に怖かったのが、到着した朝8時過ぎが干潮時か満潮時かよくわからなかった。

これ以上潮が満ちると、リュックを持って帰ることができない。

泳いで帰ることはできるが、泳ぎながらリュックを濡れないように持って帰るのは不可能だろう。

そこで、潮がこれから満ちていくのか引いていくのかを常に確かめながらビクビクしつつ釣っていた。

 

ただ、これから潮が満ちていったとしたら、早めに撤収するか、

12時間後の晩の8時くらいに同じ感じの潮になると予想してそこで撤収するか。

いや、20時撤収にしては食料と水が少なすぎる。

だから、潮が満ちていっているなら、即撤収の気持ちで釣りを開始する。

こういうことを考えながら動くのは好きなんですよね。

自然の状況を感覚でとらえるって自分が野生になっていってる感じがして好きだ。

 

その後潮が引いていっているのを確信し、

安心して投げ始める。

 

基本的にショアGT狙いという自分の腕からするとかなり遠い目標だけど本気だ。

当然のごとく1753r-5に40g中華ポッパーをつけてガンガン引く。

ただ、これかなりしんどい。

というわけで、ある程度投げたら2651f-4にロックフィッシュ狙いのタックルで肩と腕を休ませることにした。

ロックフィッシュ狙いですぐに釣れるかと思っていたが、

なかなか釣れない。

 

途中こんなことが

おもっきし釣っている場所にシュノーケリングで来られた。

こらあかんわぁと思って30分は休憩。

歩いてビーチの入り口売店まで行って昼ごはんとコーラと水を購入。

 

その後色々試して分かった。

根がかりを恐れてはロックフィッシュは釣れないのかな。

3.5gジグヘッドにグラスミノーをつけてそこをずる引きさせてみた。

そしたら岩場の影や深場でガンガンヒットが出る!!!

そして釣れた。

アオスジハタ

アオスジハタ

最近自分露出多い。おっさんさらけ出して何がしたいのか自分でもわからんけどね。

一応こんなフル装備でも顔をガードできなかったので鼻から唇がめっさ焼けた

その後グラスミノーでアオスジハタがガンガンヒットする。

釣ったタックルと一緒に。

非常に美しい魚です。

これどっかに持ち込めば料理してくれるのかな。

よくわからんかったし、そんなに大きくなかったのですべてリリース。

 

その後、グラスミノーで底をずる引きというパターンを見つけて満足したので

なるべくGT狙いでポッパーや手持ちのルアーを投げていくも

全くバイトがない。

GTじゃなくてもカスミアジ、ギンガメアジ、シイラ。何でも来い~~~と思いながら投げ続けた。

終盤肘から変な音がし始めた。

じん帯がやばそうだ。

やっぱりトレーニングして筋力つけないと一日投げ続けるのは難しい。

 

18時半ころ。

日暮れ時、沖合に雨が降っているような雲が発生して、

どんどんこっちに近づいてくる。

あ・・・・雨降ったらカッパない。

リュックを守るものが何もないから荷物が濡れるの嫌だな・・・・

 

撤収!!!!!

 

ショアGTは次回の楽しみとしたい。

ちなみに、1753r-5で40gポッパーを投げる。

リールはアブのp-max

私では70mくらいが限界だった。

ブレーキをもっと緩めたら飛ぶかもしれないけど、私には無理ですわ。

ただ、意外に飛ぶなぁと言う感想でした。

お疲れ~~~

夕マズメにバイクに乗って帰り始めた。

50km以上スピードが出せない。

 

なぜ????

 

虫がすごいんですよ。

顔にバチバチ当たるので痛くて50km/時以上出せない。

そして帰り道には蝙蝠が顔にぶち当たるという前代未聞の出来事が生じる。

どんだけどんくさい蝙蝠やねん!!!!

借りたヘルメットはフルフェイスじゃないし、

シールドもないので大変だった。

口を開けて運転したら確実に数百匹単位で虫を食べれると思う。

さらにその後カナブンみたいな虫が顔にクリティカルヒット。

痛ってええええええと心の中で叫んだ。

口を開けると口の中に虫が入ってくるのでうかつに開けれない叫べない。

 

そんな中地元民が70km/時くらいかっ飛ばしてノーヘル、ゴーグル、メガネなしで私を追い抜いていく。

すごいな・・・。

虫が顔に当たって痛くないんか???

 

19時過ぎにあたりは真っ暗になっていく中

地元民がライトを一切つけずにかっ飛ばして走っていく。

なんか・・・・おかしくないか?

何でライトなしで前が見えるん?

視力及び動体視力が尋常じゃなく良いのかな?

フィリピンというかパラワン島恐るべし!!!!

 

帰って来てNoki Nocs Savory Houseでご飯

ビーフンみたいなのがPALABOK。ジャンクな味でB級グルメの王道行ってる味。好きですねぇ。

海ブドウっぽいのがあったから食べてみた。

おいしい。

マカロニサラダは甘すぎた。ちょっと得意じゃないな。

そしてハロハロ。

とりあえずプエルトプリンセサではハロハロ食っとけって感じがする。

かなりはまったね。ジャンクな味で最高です。

 

結論としては

GT全くバイトなかったけど、

それはGTポイントじゃなかっただけ。

今後もがんばってガイドなしの開拓釣行がんばりたい。

 

フィリピン、パラワン島、プエルトプリンセサ攻略

1.免許なくてもパスポートだけでバイク借りれる。

2.バイクを借りて海岸線の釣れそうな場所を探す

3.グラスミノーとジグヘッドでアオスジハタがガンガン釣れる。

 

今後あの島に行く釣り好きの参考になればとても嬉しい

 

また國語版の動画を作成してみた。

この記事が気に入ったら
励みとなりますので、いいね ! お願いします。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。