曲腰魚をやっとゲットだぜ!リアルモンスターハント最終章に入る。プレジデントフィッシュ確保!

釣りってリアルなモンスターハントですよね。そらぁいつも同じところで同じような魚を釣っていたらモンスターハントしている気にはならんでしょうが、いつも違う場所に行っていろんな魚種と格闘技戦してたら、リアルなモンスターハントしてるよなぁと思ってしまう。

最近では魚以外でも生き物に出会えたら経験値UPみたいなイメージでいるおっさんです。

ただ、ちょうちょやガの世界とかはめっちゃ複雑でよくわかりません。手が回らんのですわ~~

 

台湾出ていくまであと2か月少々。

もう海水魚追っかけるのはやめた。淡水魚を追っかけることにした。もう私には時間がないんですよ~~

まだ見ぬ台湾の淡水魚たち

台北近辺でルアーで釣れる魚としてまだ釣っていないのが

・曲腰魚

・竹篙頭(ニゴイ)

・珍珠石斑魚

 

曲腰について

この魚はじめ写真で見た時は翹嘴と思っていました。いわゆるスカイゲイザーです。中国大陸のいろいろなところにいてるフィッシュイーター。

ところがこちらの情報を見た時に、これはスカイゲイザーじゃないのではないかと言う思いが発生。

https://motobuyah.amamin.jp/e690280.html

以前台北におられて釣りをされていた方の情報ですが、このネタかなり面白かったです。

そしてその着眼点が素晴らしい。

ここは台湾スカイゲイザーともいうべきこの魚釣っておかないとあかんやろと言うことで。

ちなみに、この同定しにくい魚ですが

Culter alburnus Basilewsky, 1855

Chanodichthys erythropterus (Basilewsky, 1855)

シノニムちゃうかなと思ったけど、なんか違うみたい。

見た目が違うようだけど、数釣ってないからようわからんです。

こちらスカイゲイザーを大陸側で釣った記録です。

↓↓↓

ワイルドスカイゲイザー釣りと予想外のもの!!

 

曲腰魚ことプレジデントフィッシュ(台湾スカイゲイザー)釣行記

台湾滞在残り3か月を切ったので、ここでまだ釣ってない魚を釣っておこうという気になる。海水魚を追うととんでもないことになるので、淡水魚で可能な限り魚種を増やすかと言う感じになる。まだ釣っていない魚で身近にいるのが曲腰魚。金龍湖か大湖公園にいてることはわかっている。以前に金龍湖では余裕で曲腰が釣れるという噂を聞いていたのでGO!!となった。

 

仕事を上がってから出かけようと思ってささっと終わらせようとしたけど無理だった。

退勤ラッシュにおもっきしかちあってしまう。家から40分くらい金龍湖につくとナビが言っている。正直引きこもり野郎の私には40分バイクはつらい。

日が落ちていき釣りを開始始める。周りの人はどちらかと言えば帰っていっている。

今回は曲腰釣れればOKと言うスタイルなので、5gマイクロスプーンのただ巻きでいく。曲腰はスプーンただ巻きで釣れると聞いていたから。

タックルをセットし投げた一発目で高切れを起こす。なんじゃそら~~

そしてスプーン付け直して投げているとなんかおかしい……

あ……


これなんて言うんかな。穴に糸通し忘れている。あかんやつや~

やり直し!!

ここから真っ暗な中ほぼ該当なしの環境でロッドを振り続けていく。また水際に木が多い公園なので結構釣ってしまう。

木と木の間から気持ち程度に投げては歩くを繰り返していく。

 

ここでびっくりしたのが

 

ホタルがいた

 

もう9月になるで~

それも時刻は19時。

 

台湾には不思議な生き物がおるわ。

 

岸際ネチネチマイクロスプーン大会

 

池を半分くらい歩いたところで街灯がある場所に出てくる

とたんに人が多くなりウォ^キングしている人や餌釣りのおっちゃんが現れ始める。

明るい場所の岸際を投げては巻き投げて葉巻を繰り返していくと、突然出た!!

きた~~と思ってゴリ巻き。ぶっこ抜くときにバレたw

NOOOOOOOOO!!!!!!!

これ以降バイトなかったらめっちゃもったいないヒットやでぇ

一つ問題点はマイクロスプーンのフックがどうやっても弱い。

岸際真っ暗闇で攻めていると根がかりやブッシュにひっかかる。かなりの確率でフックが伸びて戻ってくる。それをプライヤーで治して投げるを繰り返し、最終的にフックが折れて終了。オーナーのなってやつ使っているんだっけ。もっと強力なフックに変えたい。

 

そして曲腰ことプレジデントフィッシュは釣れた

めげずに岸際ねちねちを続けていく。

そして釣れた。さっきのヒットより小さいのがわかる。

最後のきもいおっさんの写真はご愛嬌と言うことで。

とりあえず釣れた。目的の魚を確保。方法も狙ってイメージした通りの感じで釣れた。

でかい魚を追っかけるのもいいけど、こうやって丁寧に攻略していくのも楽しい。たぶん人生で初のこの魚。台湾来て1年半以上一回も釣れていなかった。

ごちそうさまでした!!

 

池の手前側には餌釣りとルアーどちらもそこそこいた。

街灯があって明るいからだろう。こっちのルアーマンはランガンしないで一か所で投げ続ける人が多い。そんな中に私が入るとせわしなく動いているように見えるね。

 

終わりの会

ターゲットは確保したので、次なるターゲットはニゴイ!!

ニゴイを釣りたい。台湾固有種やないけど日本でも釣ったことがない。

http://fishdb.sinica.edu.tw/~fhfresh/treasure/TWspecial/special.htm

これ台湾特有の淡水魚リストらしい。ルアーで釣れる魚とそうではない魚がいるけど、またチェックして今後の釣行考えていきたいですね。

 

 

この記事が気に入ったら
励みとなりますので、いいね ! お願いします。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。