チヌークのフォールで釣りましたニジェールハインドです。

生活環境と仕事環境を整え、なおかつ仕事ではゴリゴリ攻めているので、時間がない!!

あと、おっさんなんでアフリカの気候にまだ完全に体がなじんでいるとは言えない。やたらと体がしんどいと言って休息を求めてくる。

海外生活も9年になり、長期滞在も3か国目になると、初めは環境適応のため体がしんどいのが一か月から二か月くらい続き、徐々に順応していくことがよく起こっていたので、今回ものんびりやるかとなっています。

目下のところ足がないので、近場のいつも一緒にカリフォルニア第一ポイントしか行けない。ただ、先日借りたのとは別のカブ50ccを借りた。ただ、この子もヘッドライトのバルブが切れていると言うもので、夜走れない。ヘッドライトなしで夜走れない理由は2つあります。

・安全のため

・警察に捕まっていちゃもんつけられないため

後者を避ける理由がかなり大きいように思える。精神的なストレスは嫌なので。

では、数日前の釣りです。

 

釣行記

データを見ればド干潮。

これまで干潮時はマズメでなくても釣れている。100%釣れている。

釣れていないのは満潮時だけ。満潮時はこれまで100%釣れていない。

今回は過去最強クラスの潮位の低さ。

 

不安要素は地引網やってはる。魚みんな逃げてるんちゃうか?

お前も手伝え~~みたいに言われていると思うけど、

私ガイジン、何言ってるのかわかりません~~と言う感じでスルーしていく。

カリフォルニア第一ポイントの潮位はデータ通り過去最低。

目の前の岩場に何個もルアーを持っていかれている。

それでも岩多いところ攻めたくなるのは釣り人の性であろう。

 

ショアジギやって痛恨のジグ殉職

ボーズレスの仁シリーズを使っているんですが、この日も一個ルアーロスト。

ロックエリア攻めすぎた。

 

しょうがないから、どれ投げるかなぁと思ってタックルボックス見てた。

 

チヌークで釣り上げたニジェールハインド

そう言えば台湾タックルベリーの店長おすすめのチヌーク25g

どこ行ってもこれ投げてみるとか言ってはったなぁ~~

投げてみっか。

何回か店長と釣り行って、隣でチヌーク使って釣り上げているの見てた。

メッキをチヌークしゃくってドンって釣ってたりしてはったな。

 

とりあえず、そこまで沈めて引いてくるかぁと着底させて数回大きくジャーク入れてみたら

即ヒット!!

で、ヒットしてからの引かなさに、これはまさか・・・・・・

ゴミか?

それとも?

チヌーク25gでゲットニジェールハインド

記録は18cm

この魚最大で30cm少々らしい。個人的には20cm以下の魚はリリースしたいと思っているので、今回もこの子は食さなかった。

20cm来たら何で喰おうかぁ~~

考えながらまたチヌーク投げていたら来た!!

17cmくらいにサイズダウン。

でもこの子もジャーキング後のフォールで喰ってきた。

この子のパターンがだんだんとわかってきた。

 

ただ、この後もっとサイズアップと思って調子乗って攻めてたら痛恨のチヌークロスト

どんどん持ってきたルアーがなくなる。

これはやばいなというスピードでなくなっていく。

タオバオで釣り具買うか~~

10kgシエラレオネ向きUPSで930元。意外な安さにびっくりした。

一気に10kg分も釣り具買うかなぁ

 

チヌークロストしてリーダーが切れたので宿舎に帰ることにした。

帰りがてら地引網が上がっていたので見ていった。

写真は取れなかったけど上がってたのは

・ニードルフィッシュ系

・サッパ系

・メッキ

・イカ

ここでイカが釣れているのは驚きでした。

あとサッパがここでのベイトだなと思う。イワシ系ルアーが効果高そうだね。

メッキは釣りたい。めちゃ釣りたい。食いたい。

そしてニジェールハインドが一匹も上がっていないことを見てニヤニヤしてた。

地引網でロックフィッシュはかからんのやな。じゃ、グルーパー系ととか地引網にかからんから期待はできる。

 

一通り見学終えて帰る方向に歩いていたら、チャイナ!!と呼ばれる。

これで気分悪くする人いるけど、チャイナと彼らが言うのは、日本人がガイジン見て外人や!!というのとほぼ一緒で、ただ単に興味があるだけで悪気は全くない。それに対して腹を立てるとかようわからんが、たぶんイラっと来る人はその一言で嫌な思いをしたことがあるんだろう。

私は、チャイナと呼ばれたらラブコールだと思って手を振ることにしている。そして手招きしているから寄ってみた。

 

釣り行きたくないか?船チャーターできるよ。

1日ガソリン込みで70万Leね。

 

とりあえず相場は聞けた。

ただ、現地人が借りるともっと安かったりする。2時間で20万Leとか。

 

あと、仲良くなった海運系中国人社長が事務所の前で魚用釣れるからおいで~~と言ってくれている。

近々行ってテストしてみたい。

 

そんな感じでやはりカリフォルニア第一ポイントは干潮時鉄板!!

次は違う種類の魚釣ってみたいとぜいたくな考えを持っている。

カブ50ccがあるのでちょっと走ってポイント調査してみるかな。

 

がんばろ~~

この記事が気に入ったら
励みとなりますので、いいね ! お願いします。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。