道頓堀川のポールポジション争い激化

8/14 22時すぎ。
最近は川の状態を見に行くのが日課となっている私。
今晩も行ってきました。遅い時間だったので釣具は持っていかず。
あ・・・・・・。
また釣り人がいてる。
それもあのおっちゃんたちじゃない。
バスかシーバス釣りしてはるわ~~
お盆だからか、私のホームは毎日誰かがいてる。
以前はこんなことなかったと思うんですけどね。
道頓堀川で釣りする人はあまりいなかったのにねぇ。
昼間の鯉狙いに変えるかなぁ。
昼間恥ずかしくて道頓堀川で釣りできないと言う人は多いようだけど、
個人的にはなんとも思わん。
ただ、腕が悪いだけに、人が多いところでロッドを振ると、
確実に人間釣ってしまいそうで、たぶんしばかれるでしょう。
それは避けたい。
そういう理由で、なんばハッチ辺りにまで進出できない。
もっとロッドをコントロールできるんだったらなぁ~~
金曜日か日曜日の晩にでも釣りに行くかな。
ボラもあまり見当たらないので、当初のバス狙いに変更していきます。
現場の状況でバスでもボラでもいけるようにしておきます。
ついでにもう一本竿持って行って鯉のしかけでぶっこんどくかな。
話題は変わりますが、
個人的に釣りたい魚第一位は・・・
アリゲーターガー
釣って食べたい。
いつか北米にいけたらなぁと思ってた。
しかし、最近は各地で捕獲されているようですね。
で、調べていると、は????みたいな情報が出てきた。
大阪のとある場所にアリゲーターガーがいるとの目撃情報がある。
しかし、情報が古いからもう釣り上げられているかも。
とりあえず調査に行ってこようと思ってます。
大阪で釣れたら北米行かなくてもええやん。
おるとわかったら、装備整えて狙いに行きます。
おればいいんだけどなぁ。

この記事が気に入ったら
励みとなりますので、いいね ! お願いします。

Twitter で

道頓堀川のポールポジション争い激化” への2件のコメント

  1. アリゲーターガーは釣り竿では釣れないのではないでしょうか。釣り上げるとしても、カジキマグロを釣るようなワイヤーの竿一式が必要な気がします。以前テレビで見ましたが、確か北米現地では、金属製でひも(ワイヤー?)付きの弓矢で仕留めていました。
    歯が鋭く鱗もガイノン質の固い鱗なので、捕獲は通常の網でも難しいのではないでしょうか。
    でもそんな魚を思考錯誤して仕留めるのには、ロマンがありますね。

  2. >クララまにあ さん
    いつもお世話になっております。
    一生懸命調べたところ、80ポンドのPEライン、tulala等のええ竿、ワイヤーのリーダーとでっかい針、魚の切り身で釣れるらしいです。
    問題は引き上げることらしく、ロープもしくはワイヤーロープで弱った固体の胴体にまきつけ引き上げるのが主流のようです。
    というか、まずは生息しているのか問題の池に調査に行く必要がありますわ。
    本日はあいにくの雨です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。