西アフリカショアジギング第三戦、奮闘むなしくまたもやボウズ

タイトルですべて語り終わっている気がしますが

今回は今回で珍事件と言うかなんというか

そんなことが起きたので書き綴っていきます。

釣りブログと言うかボウズついでに雑談ぶちかましているだけのブログですな

 

西アフリカショアジギング第三戦釣行記

2021年7月4日日曜日釣りに行く

潮汐票が正しいのかようわからんけどappで見ている

17:20くらいに満潮

夕方17:00頃から釣り始めたのでほぼ満潮

ガチ満潮で釣ったことないので結構期待大

いつもと違う状況なら何か見れるかもしれん。

 

途中で見たものは

砂浜にたくさんある大きな穴。カニの穴だとは思うけど、でっかいカニを見たことがない

そして捕まえても甲殻類でアナフィラキシーショックを起こした経験がある私はカニを食べることにドクターストップかかってて食べれない。

さらに、砂浜にポツポツ打ち上げられているイカの骨

やっぱりエギングしたほうがええんやろかと思われる。

潮が満ちているとわかったのが、ラグーンからの流出口に近づけない

潮が満ちすぎて深い部分がありきつい

一人で釣りに行き、周りに誰もおらんなんか起こった時が怖い

だから、めちゃ慎重に行動してしまっている。

事故って遠い故郷の三面記事を飾るより,笑われるくらい慎重であるほうがええかなと思っています。

 

あんまり立ちこみはまるとそのうちハンマーヘッドシャークにかぶりつかれないかなぁとかも心配している

さらに、海に立ちこむと荷物を丘において釣りをするけど、その荷物を持って走って逃げられたら大変やなぁという恐れ

 

釣りしてても気が気でないんですよ。

今釣りをしているホームは人があまり来ないけど、それでも来るときは来る。

日曜日とあって人は多いほうだった。

5人に出会った

1.ビーチでランニングをする若い男性

2.海に入りに来てた女性

3.釣りを見に来た子供

4.向こうのほうが釣れるとかいう子供

5.ビーチから帰る途中で出会った男性

 

で、今回の話は2の海に入りに来た女性

 

ここはヌーディストビーチじゃあないと思っていたんだがw

海に立ちこんでせっせと投げていた。

この日はショアアサシン125Fだったかな、それとボーズレスのJIN30gキャスティングジグ、よくわからんメーカーの30gバイブレーション

これらをローテーションで投げていた。

水深が浅く、ジグ投げてもしょうがないわなと途中からバイブレーションばっか投げていたんですけどね。

で、海に立ちこんでいながら、一応荷物をしょっちゅう見ながら釣っていた。

リュックにiphoneを2つぶち込んでるし、多くのルアーも入っている。

持って走って逃げられたらダメージはかなりデカい

 

チラチラ見ながら釣っていたら女性が一人歩いてこっちに向かってくる。

私はいまだに現地人を遠めで年齢がわからないけど、たぶんそこそこ若いんだろう。

しかし、ここの国の女性は若くてもババ臭い人が多いので、私は女性をほとんどおばちゃんと心の中で呼んでしまっている。

 

で、おばちゃん

私の横10mくらいのところで服を脱ぎ始める

なんでわざわざ私の近くやねん?

そこさっきまで私が投げてたところw

邪魔~~と思ったけど原住民優先という意識がありますので無言でキャストを続ける

全裸のおばちゃんは海に入って水浴びし始めた

荷物と私の間におばちゃんがいるため、荷物がパクられないか気が気でしょうがない。

しかしここの国の人は良く裸になるなぁ。

前回釣りを見に来た子も私が釣りしている隣で全裸になって水浴びしてたし。

そこそこの年齢の男子は全裸になっている人は少ない気がする。

ざっくり言うとそこもたぶん個人差ありで片付くネタなんやろな。

 

しばらく水浴びしたらおばちゃんは去っていった。

よくよく考えてみたら

あれって売春婦の誘いだったのかなと

私自身はおばちゃんよりも自分の荷物大丈夫かぁ~~って、そっちが気になってしょうがなかったけど

シエラレオネでは外国人=金持ち

格好の獲物だわな。

そう言えば中国でも深夜まで釣りしてて、売春婦がやってきたけど気付かなかった経験あったなw

釣りに行く前後、釣りの最中とか

釣りのことしか意識できん。頭の中魚のことでいっぱいやん

釣れなかったら釣れなかった出なんで釣れへんのや次どう攻めるかとかしか考えていない。

実際今回も子供らが声をかけてきたけど、全く意識がそっちに向いていないので、声をかけられるといつも私はめっちゃびっくりしてしまう。

うわぁ~~って絶叫してから、あ~~ごめんごめんって会話を始める感じ

 

自分でも思うけど

釣りしている時や釣りに行くとき

釣りから帰る時って

めっちゃ深く自分の世界に入るので全く周りに気が回りません。

そうやって頭の中釣りでいっぱいにすることで日ごろの業務の思考をリセットできるから釣りに行くんですわ。

 

日本にいたら誰からも声がかからん私なんですけど

海外行くだけで、外国人と言うアドバンテージでいろいろな人から声をかけていただけます。

皆にキャーキャー言われたいとか言う理由で海外行っているわけではありません。

日本で釣れない見たこともない魚を釣るために海外に住んでいるんです。

 

まとまってないけどまとめ

ボウズ連続記録11

そろそろバイトくらい欲しいわ

まぁ新しい国と町での釣りってこんなもんでしょ

アモイでは14連続ボウズたたき出したし

中山では何連続ボウズやったっけ、結構厳しかった記憶がある。

しかし、いつも連続ボウズをたたき出しまくった後はポツポツ釣れ始めるというパターンが待っている。

何かコツをつかむんでしょね。

とりあえずショアジギでバラクーダかジャックフィッシュかな、シエラレオネ名だとクタとカウレを釣って食べたい。

おかっぱりから釣るという難易度がかなり高いような気がするし、今釣っているポイントがベストとは思えない。

海には鳥山が発生するとか見たことないし、ベイトが大量、水面爆発とかも遠目ですら見たことがない。

アモイで水面爆発レディフィッシュやってた頃がほんま懐かしい

 

贅沢を言えば

トップで釣りたい!!!

今回も釣れない現場から大西洋に向かってぶつぶつネガティブな独り言をつぶやいているだけの動画となっています。

 

以上、今回もボウズ記録を伸ばしに伸ばしまくった私でした。

ここまでのご拝読に感謝いたします!!

この記事が気に入ったら
励みとなりますので、いいね ! お願いします。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。