台北でシーバス釣りに行くも、ターポンバイトしまくり。夏の台北はターポンなんだなぁと実感

日曜日の夕方。

釣りに行くかぁ~~

ほんまはロックフィッシュやりたいんだけど

釣り場行くまで結構時間がかかる。

家から40分くらい。

ちょいしんどいなぁとおっさんがおっさんらしいこと考える。

 

どっかええとこないかなぁとまたまた新規釣り場開拓を考える。

見たら満潮から下がっていく潮の具合。

前回釣れたんなら、そこまたいけやと思われるかもしれんのですが、

何か課題がない限り同じところにはあまり行かない。

もしくはよっぽどおもろいことが前回起こってない限り行かないな。

タックルベリーに次回行くときまたあそこでアフリカンクララ狙いたい。

 

で、家から近くの場所でネット上では何かしらナマズが上がっていたので

行ってみることにした。家から15分くらいかな。

もう夜の釣りにカメラ持って行ってもしょうがないかなと思った。

youtubeで釣り動画見てると、やっぱりひとりじゃ無理やわ。

誰かに釣っているところ撮ってもらうのが一番だけど

そこまでしたら趣味じゃなくなるからねぇ。

 

夕マズメに行くでぇ~~と思いながだ、着いたらとっぷり日が暮れていた。

この辺のゆるさどうもすみません~~

 

適当に投げやすそうな場所でトップから投げていくが

全く反応なし。

 

こらあかんわぁと2時間くらいかな投げて移動することにした。

排水溝のような場所が一か所あって、

流れ込みがあり、そこで魚がぴちゃぴちゃ言ってる。

なんやここ?ここ釣れるな・・・・

 

トップから流していくと・・・・

バシバシバイトがある!!!!

乗らん!!!!

これは、ターポンやわ。

一回フッキングまで行くも、その後連続ジャンプでバレる。

あれ40cm以上あったな・・・・・。

その後ルアー変えながらバシバシバイトあるけど乗らない。

 

そのうちトップに出なくなったので、

3.5gジグヘッドをゆっくりただ巻きしていく。

またバイトがガンガンある。

やっと釣り上げた~~~

バイトがバシバシあったので釣れるまで帰らないつもりでした。

11時前にやっと一匹釣れた。

もう・・・帰ろう。疲れたわ。

 

10数バイト、乗らなかった数かなり、4回以上フッキング、2以上バラシ、1回陸まで上げたけど即バレた。

結局まともに手にしたのは1匹のみ。

 

しかしまぁ台北の夏はターポンなんやね。

ここまで食ってくるかという感じで食ってくる。

なるべくならトップで釣りたいけどね。

この記事が気に入ったら
励みとなりますので、いいね ! お願いします。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。