ワールドシャウラツアーエディション2651f-4のインプレとか書いてみた

腕に自信はないけど、とりあえず参考にしていただけましたらと思いまして。

 

ワールドシャウラツアーエディション2651f-4のスペック

一応2651f-4のスペックざっくり記載。詳しくはシマノサイト

長さ 1.98m

継数 4

仕舞寸 54.0cm

自重 126

適合ルアー 5~15g

適合ジグ 20~60g

適合ラインナイロン 5~12LB

適合ライン PE MAX1.2号

 

2651f-4使用経歴

とりあえず使用経歴をざっくり言うと、

中国福建省、広東省から台北にて生活、その間使用。

 

私は現地採用なので違いますが、日本から派遣されている方々は基本的に赴任地での車、

バイクの運転は会社規定で禁止という方がほとんどです。

なので、ワンピースロッドは海外生活では不向き

バス、列車、乗り合いタクシー、またはタクシーなどを駆使しての釣りとなります。

そうなりますと、仕舞寸100cm以下が欲しい。

また頻繁に飛行機に乗る場合はやっぱり仕舞寸60cm以下くらいで機内持ち込み可能なロッドが安心。

 

2651f-4を使用した個人的感覚

海外釣行というと、ごっつい魚がいつも釣れると思ったら大間違いで、

ほとんどが50cm以下の魚。

管理池にのみ通えば70-100cmオーバーを相手にすることになるだろう。

そういう方にはこの2651f-4はパワー不足でお勧めしない。

あえてライトロッドでデカイ魚をとりたいのならありだと思う。

と言いながら、私はこれでネイティブのクラリアス

70cmオーバーを釣っています。

 

このロッドで1.5gスプーン使用可能。

飛距離はそんなに出ないけど大きな問題ではない。

渓流の釣りにも持っていけて便利です。

 

機内持ち込み可能

実際に持って海外に出るために成田空港に行ったときの写真です。

特に問題なく、何も質問されることなく安全検査通過。

中国、台湾においても何も聞かれることなく通過しました。

 

2651f-4で釣った魚

インドパシフィックターポン 台北

アオスジハタ フィリピン パラワン島

タイワンアカハラ 台湾 新竹

ラージマウスバス 台湾 桃園

カワイワシ 台湾 宜蘭

モザンビークティラピア 台北

コイ 日本 大阪

ソウギョ 広東 中山

ケツギョ 広東 中山

马口鱼 広東 中山

ハロワン 広東 中山

タイリクスズキ 広東 中山

バラマンディ 広東 中山

レンギョ 広東 中山

09A31490-8C47-41B8-9E64-662FAC488B1B.jpg

イエローチーク 福建 アモイ

クラリアス 79cm 台湾 台北

アオウオ 台湾 台北

がしら(カサゴ) 大阪

タチウオ 大阪

(2651f-4で釣った太刀魚の写真なし。同じ日に違うロッドで釣った写真ですみません。ワインドで釣りました。)

 

 

なんか他にも釣った気もするけどそうでもない気もする。

今後新たな魚種が釣れたら追加します。

 

2651f-4についての個人的なまとめ

ロックエリアとか魚が逃げ込む場所が少なければ、

1mくらいの魚も何とか戦えるとは思いますが、

そういうデカイ魚がヒットしてゴリゴリに巻くことはできないですね。

でかい魚相手にはパワー負けします。

ドラグ調整と障害物が少ないエリアでは

80cmくらいまでは魚種にもよると思いますが問題ない感じです。

ハクレン約70cmのスレがかりにもドラグ緩めて対応可能。

ネイティブクラリアス79cmの暴力的な引きにも対応可能。

 

海外で使用するライトタックルとしては個人的にはかなり気に入っています。

不注意によるロッドブレイクもありますが、

修復してでも使用しようと思えるロッドです。

一回踏んだこともありますが、不幸中の幸い折れませんでした。

かなり強いロッドですが、夜釣りでラインが穂先に絡まっているのがわからずフルキャストで折れ、

ブッシュに逃げたスレがかりしたハクレンをはがそうと無理やり引っ張ったら#3が折れる。

2年使用で結構すっぽ抜けるようになって無視して釣ってたら#1がぶっ飛び、ラインブレイクで海の藻屑となる。

 

すっぽ抜け防止方法

フェルールワックスはパックロッド使用者に必須アイテムです!!!

これを塗ってからは連結部の密着感が増し、

激しくアクションさせても外れなくなりました。

これを塗ってないときに上記にありますようにすっぽ抜けて海の藻屑となりました。

 

他の似たようなスペックのパックロッドと比較

以前使用したパックロッドは

Katana BKS510L-5TE

アブガルシア ホーネットスティンガー 4ピース スピニング

 

上記のロッドは安いかった。

カタナは5000円くらい

ホーネットスティンガーは13000円くらい。

 

これらと比較して2651f-4の満足している点は

強さ

踏んでも折れない強さに魅力を感じる。

カタナは根がかり外している最中に友人が叩き折った。

ホーネットスティンガーは不注意で踏んで折れた。

2651f-4は折れないとは言わないし、2回折ってるけど、

踏んでも折れなかった。

かなり強いロッドです。

 

メリット

・パックロッドの中ではかなり強い、折れにくい

・渓流の小魚から70cmくらいの魚まで身近な魚ほぼ対応できる

・どこに持って行くにしても隠せる

・飛行機乗るときも手荷物で持っていける。

・個人的にかっこいいと思っている。

 

デメリット

・値段が高い

・仕様に伴いすっぽ抜けの危険が増すのでフェルールワックスで定期的メンテがめんどい。

・パワー系ロッドに比べると折れやすい。根がかりでおもっきし引っ張ると危険。

 

以上、

参考程度ですがお役に立てていただけますと幸いです。

 

 

もっと強いパックロッドがほしい人に

ワールドシャウラツアーエディション1753r-5のインプレはこちら

 

もっと強いパックロッドがほしいとおっしゃる方には

TRANSCENDENCE LAULAU8.3GT-Sがお勧め

 

この記事が気に入ったら
励みとなりますので、いいね ! お願いします。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。