マラウイ湖で釣れたシクリッドではない魚

突然ですが、写真をUPします。
IMG_9682.JPGIMG_9683.JPGIMG_9684.JPGIMG_9686.JPG
これがマラウイ湖で釣れたのですが、どう見てもシクリッドではないようです。
じゃ、簡単だわとfishbaseで調べたものの、よく分からんのですわ。
というわけで、fishbaseのマラウイで釣れる淡水魚リストの中からの考察です。
基本的に以下のサイト10ページからの考察となります。
http://www.fishbase.org/Country/CountryChecklist.php?resultPage=1&what=list&trpp=50&c_code=454&cpresence=Reported&sortby=alpha2&ext_pic=on&vhabitat=fresh
Barbus innocensやBarbus kersteniiに近い気もするのですが、釣った魚の特徴は尻尾の近くの黒い斑点。
そして、体にラインがはっきりとした形で見えないこと、尻尾が鋭角に割れている。口が少々上向き。等々
Barbus系が一番近いように感じられるのですがね。
他に写真と似ている魚と言えばこれですか?
http://www.fishbase.org/Country/CountrySpeciesSummary.php?c_code=454&id=2402
決定打となるものがなかなかないです。
そう考えると、学者ってすごいなぁと思います。
結論が無いのですけど、そんなブログ主なのですみません。
個の魚何なのかわかりません。

この記事が気に入ったら
励みとなりますので、いいね ! お願いします。

Twitter で

マラウイ湖で釣れたシクリッドではない魚” への5件のコメント

  1. >MS さん
    こんなブログまで見に来てくださりありがとうございます。
    確かにBrycinus imberi のほうが似てますね。
    何種類も魚を見てますとわけがわからなくなってきまして。
    ご指摘に感謝します。
    では、この名前で図鑑登録しましょうか?

  2. MSさんの仰る様に、脂ビレが確認出来るので Brycinus imberi ですね。マラウイ湖にはカラシン目の魚はこの魚一種だけですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。