台湾台北ターポン釣り~ルアーフィッシング~ 決戦は金曜日!!

金曜日の晩22:00頃、

釣りに行くか行かないか・・・・迷った挙句

行った。

ただ、家から徒歩でも行けるターポンポイントへ。

時間もったいなかったからバイクかっ飛ばしていった。

 

いろいろな事情で途中でバイクを止めて歩くことになった。

時は満から干へ移行する時間帯。

ターポン釣りはほんま家の裏なので、もうちょっと本腰入れて攻略してもいいかなと思う。

それで、せめて潮の感じは見ておこうと思っている。

ヨットハーバー側で釣り始める。

風が鬼のように強い・・・・。

これは感じ的にあかんなぁ。

先客来てて、松山から来たと言っている。

こらあかんでぇと負のせりふを吐きまくりながら投げ始める私。

やっぱりだめだった。

11:20くらいにこらあかんなぁと思って撤収する。

ただ、ロッドはたたまずに歩いて帰ることにした。

 

いつもはロッドたたんで帰るから、

帰りがけに投げながら帰ろうとか思わへんけど、

今回はバイクで入れない場所も真っ暗だけど見て回って帰っていってた。

外雙溪と基隆河の合流地点で投げているのだけど、

いつもヨットハーバー近くで釣り。

だってあそこで釣れた実績あり。

また、あそこで釣り人は干満関係なく運だといつも言っている。

だからあまり気にしてなかったけど、

その日回った場所で一か所、ここで投げへんでどこで投げるというポイントを見つけてしまった。

ぶっちゃけ、ヨットハーバーの向かいあたりなんだけどね。

その岬のようになっているところに立つと、

ちょうど二つの河川の水流がぶつかり合っていわゆるヨレている場所に

ピンポイントで投げれる。

 

なんで今までここで投げてなかったのだろうかと思ってしまう。

真っ暗の中仕切り直して投げ始めた。

さらに先のシーバス動画の影響で、このヨレの中にシーバスあがって来てるんとちゃうかなと

腐った脳みそが考えそうな夢物語を考え始める。

結果、チョイスしたルアーは・・・・・

エリア10イワシカラー?

 

投げてゆっくりとただ巻きしてたら・・・・

釣れたwwwww

 

何投目かわからんけど、たぶん5投もしてない。

真っ暗で何が釣れたかわからん。

ぶっこ抜いて岸にあげた。

さて、写真撮ろうかぁとiphoneを取り出しているうちに、

逃げられてしまったwwwww

 

あの暴れ方はたぶん・・・・ターポンだろう。

あれをターポンと仮定すると、ターポンはなるべく小さなワームを使えという説が

おもっきし覆されるんだがね。

やはり魚というのは状況に応じて食ってくるものが違うな。

エリア10って10cmくらいはありますよね。

今まで2インチのRB-1を投げてきたが、

私はRB-1でいまだ一匹も釣れていない。

 

あと、一匹釣ったらまだ群れでおるんとちゃうかなと思ったけど、

その後全くあたりはなかった。

 

一匹釣ったらすぐすれるんやろか?

ただ、他の人のブログとか見てると同じポイントでぼこぼこ釣り上げている。

あの辺のターポンの特性なのか?

 

はい。これで終わり。

おかげで今後もターポンポイントにしょっちゅう出かけようという気になりました。

最近釣りにいけてなかったし、釣れているという気がしなかったけど

久々に釣れた感じがある。

不注意ですぐ逃がしてしまったけど、まぁいい。

また釣ればいい。

 

おかげで写真がほぼない。

釣とは関係ないのだが小ネタを。

体が悪かったので、体のこと考えてタオバオで買い物をした。

中華健康サンダル!!! 59元だったかな1000円くらい。

これを違う角度から写真撮ると

タオバオの記述では、ストロング痛い!!!と書いてあった。

そう書いてあるけどいけるやろと思ってたが・・・・甘かったw

めっさ痛い。足を上に置いていてるだけでも結構いたい。

これめっちゃ利いてるんちゃうかなという気持ちになる。

病は気からというからよくなっているという気持ちが大切だろう。

これはこれで気に入っている。

 

さらに買い物

これなんて言うんすかね。

ウェーダーかな。日本円で1000円くらい。

これで、あのシーバス及びバラマンディポイントでランカーあげるでぇ~~~と思っている。

最近めっきり使っていないワールドシャウラツアーエディション1753R-5を出そうかなと思っている。

あれだったら50cmオーバーとの戦いがかなり楽なので。

2651F-4でも行けると思うけど、80cmクラスになるとちょっとパワー不足で

長時間のファイトが必要になる。おっさんしんどいわ・・・・。

 

あと、防曬服(日本語がわからん日除け服?)も買う。

久々に対シーバス用でルアー何か言いのないかなぁと見てたら

あのルアーが再発売してた。

このルアーわかる人にはわかるらしいのだが、

以前バラ掘りでめっさ効果を発揮した。

とあるサイトではシーバスにも有効らしい。

というか、対シーバス用に作られたものとか何とかいう話も・・・

その辺はよう知りません。

 

タオバオで探しにくいのが鉛がロケット状のタイプのジグヘッド

レンジキープにはこっちの方が丸型のほうよりも良いと書いてあったので探しまくった。

考え得る中国語を入力しまくって検索かけまくった結果、

タオバオではこれが安めで感じ良いのではないかというものにやっとであった。

厳密に言うとロケット型ではなくて槍の穂先みたいな形だけどね。

10gのジグヘッドなんか投げたことないけど、ワームで釣る線も考えている。

1個1.3元 22円くらいか。

そんな安くないな・・・・。

 

そして、最近中国ルアー業界で激しくプロモーションしている

EWE の龙牙 単なる鉄板バイブですけどね。

25g赤金を購入。一個15.8元(276円)もした。私としては超高級ルアーだ。

100均ルアーよりも高い。さすが今勢いに乗っているEWEという名前がつくだけでバリ高である。

276円でめっさ高いと言っていると怒られそうだけど、

中華圏150円以上のルアーとか買う気になりません。

そんな安もんルアーでみんな釣れているし。

どうしてもこのタイプのルアーが欲しいとかいう時以外はなるべく

激安ルアーで済ますようにしています。

 

たぶん、こう言うのをアマゾンで売ると1000円くらいで売れるんでしょうね。

やる気ないけどw

たぶんこれとそっくりなバイブレーションが日本にはあるんでしょう。

 

そんな感じで、だいぶ体調も良くなっていますが、

未だに全開状態ではないので、

軽く裏の川でターポン釣りにとどめています。

と言いながら来週はGWの休みなので釣り行く気満々ですけどね。

 

 

この記事が気に入ったら
励みとなりますので、いいね ! お願いします。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。