ダナンで釣り。二回目の開拓釣行だが、難易度は高かった・・・

ベトナムのダナンにまた行ってきた。

理由は友人の旅行ガイドw

え?ガイド職やってたの?

いや・・・ありがたいことなのですが、何か一緒に旅行行きたいとおっしゃって下さる友人がかなり多く、

私の3か月に一回の台湾ビザの関係の出国に合わせて一緒に旅行に行こうという話がそこそこあります。

それで、ベトナムに行きたいと仰られるので、私行ったことあるけどもう一回行くことになりました。

おかげでかなり事前リサーチが不要でしたけどね。

ダナンはかなりわかります。そんな大きな町ではないんで。

 

そういうツアーガイド的なポジションゆえに一日晩にだけ釣りに行く時間を取りました。

今回もレンタバイクを借りて夜のダナンを走りまくりました。

 

ベトナムのダナンで釣りに行く前の腹ごしらえ

釣りがメインではない今回の旅行。釣りがメインの時は一人で釣り旅に行きます。基本攻めるときには守るべきものをなるべく減らしますので。というわけで、釣りの前まで観光。そして観光地での食事。

ダナンの有名店ベーマンでがっつり食べました。

飲み屋感満載のお店です。

まずい・・・・腹がはち切れんばかりにふくれた。これじゃこの後釣り行けるかと心配になった。

 

ダナンの釣りポイント放浪記

塩加減wです。

20:19干潮か。ようわからんがとりあえず行くしかないなと出かけた。

夜中12時までに帰宅すると旅行ともには言って出ていく。

 

ダナン釣り場開拓第一戦

こういう場所は私が最も得意とする地形だ。流れ込みには魚がたまるし、そこに投げたらなんか来るやろ。

そう思って、バイクを走らせる。

実際の現場映像こちら

結構な交通量がある場所で、川側を見ると川べりまでアクセスができない。

真っ暗で足場も悪く、ここで無茶できない・・・・今回はツレがいる。

事故ると彼らにまで迷惑がかかる。

こう考えると、一人で釣り旅行くと失うもの何もないという考えで旅するからリミッターかット状態なんですよね。

よくよく考えたら誰かと旅行行く方が私はブレーキかかっていいんやないかなと思った。

 

一人なら、ほんまほとんどの場所に対して、危険とか知らん!!GO!!となる。

おっさんそろそろ落ち着いてくれやと言われそうだ。

 

今回さらに川べりまで近づけない上にこんなものまで・・・

川になんか光っているもの見えます?

もうちょい拡大するとこうなる

ローソクつけた紙の船が川一面に流れていたwww

こんなん・・・邪魔で投げられへんわ!!

この場所無理w

川の合流地点に投げ込めればチャンスはあると思うので、

昼間日まで行く機会がある方がいればチャレンジどうぞ。

 

ダナン釣り場開拓第二戦

この橋の下とかどうかなと、橋脚に住み着く魚狙いに変えて突撃。

また・・・川べりまでアクセスができなかった。

真っ暗で写真が取れなかった。

撃沈w

 

ダナン釣り場開拓第三戦

川沿いの道路と並行して走る水路にアタックできないかアクセスポイントを探すも、

全くなかった。一か所降りれそうなところがあったが、餌釣り先行者が釣りしてた。

終了~~

 

この時点で事前に準備してたポイントほぼ行き尽くす。

どないする?

地図を必死で探す。

 

ダナン釣り場開拓第四戦

この水路にクラリアスとかナマズ系いないかと探しに行ってみることにした。

浅すぎ・・・・。

投げれるるとかじゃないw

終了~~

 

やばい・・・これはほんまにロッドすら出さずに今回のダナン釣り場開拓は終わるのか?

ここに来てかなりの危機感を覚える。

とりあえずキャスティングさせてくれ!

 

ダナン釣り場開拓第五戦

片っ端から近隣の水のあるところを当たることにする。

もう魚種は問わん。ロッド振らせてくれ。それだけの想いで先の水路の北側にある池に行ってみることにした。

 

池に着いたら看板があった。

読めん・・・こう見えてベトナムガイドとかやっているくせに、ベトナム語一切わからん。ありがとうすら言えないw

絵から見て泳いだらあかんのはわかるが、釣りをしていいかが問題や。

google翻訳にて必死のパッチで翻訳してみたら、釣り禁止的な表示はどうやらなさげだ。

とりあえず人気の一番少なそうな場所で投げれないか池を回り始めた。

来た!!

餌釣りしている形跡を発見。これはいける!!

というわけで、生命反応もかなりある池だったのでここで勝負をかけることにした。

なんて読むのかもわからん池だ。

水面にはかなりの波紋があり、魚がいることを示している。

ナマズ系いるんちゃう?

GO!!スピンガヴァチョ!!

頼れるTOP系ルアーであるジャッカルのスピンガヴァチョ。

無反応・・・バイトなし!!

しょうがないから作戦変更:色々やろうぜ

 

つか、これでもかというくらいスピンガヴァチョを投げても反応がないところを見ると

ナマズ系はいてもかなり少ないと見た。じゃ・・・池の水面を騒がしているこいつらは何よ?

レンジバイブ55でティラピアスレがかり。

やはり君か・・・。それもかなり小さいな。こりゃレンジバイブ食わへんやろな。

ということで5gマイクロスプーンでティラピア狙いに変えるが、釣れなかった。

そして、根がかり外していたら、ルアーが飛んできて暗闇の中見えず顔面にぶち当たり流血~~

そんなの関係ないからヒットしてくれと思って投げまくるも。

ノーバイトに終わる。

時間的に帰らなくちゃいけなくなり撤収~~

 

ダナン開拓釣行を終えて

第二回ダナン開拓釣行も失敗に終わる。

海外で初めて行く場所でネイティブ、ワイルド個体をガイドなしで狙うのはかなり難しい。

ダナンは情報が少なく、釣り人口は中華圏に比べるとかなり少ない感じがする。

過去二回開拓釣行やり、二回ともノーバイト。私以外に日本語でネット上に情報発信しててダナンで釣りポイント開拓しようと思う人がいるのかどうかは不明だが、今回の情報がそれらの人に参考になったかどうかも不明だ。

 

このブログの読者の方々は私がオフショアとかではなく、探検気分でショアもしくは淡水の開拓が好きなのをご存知だと思うが、本当にボウズ率がかなり高い。こういう釣りをしないことをおすすめする。ガイド雇ったり、釣り船チャーターの方が確実に釣れます。完全なる自己到達での釣りポイント開拓はちょっとイってる人が多いです。でも一回やるとハマるんですよ。探検とほんまに釣れた時の達成感が半端ないんですよね。

 

海外開拓釣行は危険か?

はい。危険です。危険が嫌な人はやめといた方がいいです。

事故っても自己責任、現地でもめ事起こっても自己責任です。

かくいう私ももめごとのような事に何度か遭遇しましたが、特に問題はなかったと勝手に思っています。

なるべく問題に遭遇しないためには事前リサーチがかなり大切だと思っています。

また日本語での検索のみに頼るのは明らかに情報不足です。

英語、中国語、現地語も私は調べていきます。

言語分からない?google翻訳という便利なアイテムがあるじゃないですか。

 

そんな訳で今回もボウズ。

ダナンで釣り堀や釣りツアー、釣り船とかいう情報はここにほぼないです。

最後にそれ言うなやと思われるかもしれませんが、気が利かずにすみません~~
第一回ダナン開拓釣行失敗談はこちらをどうぞ

第一回ダナン開拓釣行記

 

適当にまとめたダナン釣り情報ならこちら

ダナンの釣り堀とか釣り船情報

この記事が気に入ったら
励みとなりますので、いいね ! お願いします。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。