広東省中山市のゆるいサイト

中山競馬場とは何のかかわりもありません!!

どうでもいい一言

古代の中国人の名前と字について

投稿日:

小学生の時より疑問に思ってたことがある。

字ってなんだ?

字=あざな

人には姓、名があるけど、昔の中国の一部の人には字がある。

 

有名どころで言うと、

姓は诸葛

名は亮

字が孔明

 

日本人は色々な呼び方で読んでいる。

諸葛亮公明、諸葛亮、諸葛孔明などなど

じゃ、現代中国人は彼のことを何と呼んでいるか?

中国でこの呼び方以外聞いたことないのだが・・・・

诸葛亮

 

つまり、姓名で読んでいるのである。

じゃ、字ってなんやねん???

ミドルネームなんかい?

 

ちょっとまともに調べてみた。

字,是一个人的名字的注解、补充和延伸。字,必须与名相呼应,互为表里。

私の適当な翻訳でいけば、名前を補充するもの、それで名前と全く無関係なものをつけることはできない。

 

有身份、有地位、有文化的人,一般都有 “字”。贫苦的老百姓不可能有字,没听说武大郎的字叫什么。

それなりの位、身分、文化的背景のある人のみ持っていた字。

一般ピープルは持ってなかった。

例えば武松の兄貴の武大郎には字などない。

 

古人称呼他人,一般称他的字,不能呼名。呼他人的名,很不礼貌,人家会恨死你。
一个人的字,是在成年后才有的。年轻人为了表示谦逊,都说:”年幼,无表“。

 

古代の人は一般的に相手を呼ぶとき字で呼んでいたらしい。

名前を呼ぶことはとてもマナーの悪いこと、失礼で相手から恨まれるとか書いてある・・・・。すごいねぇ~~

字は成年後につけられるものだったようです。

引用:https://zhidao.baidu.com/question/332822075.html

 

ちなみに個人的には三国志よりも水滸伝のほうが好きなのですが、

ここで出てくるのが、诨名。

日本語辞書にはニックネーム、あだ名と出てくる。

ぶっちゃけ、水滸伝に出てくる人物の诨名はめちゃくちゃかっこいいものばっかりである。

 

ふと自分は何やろかと思い返してみた。

以前の仲の良い中国人からは

大湿と呼ばれていた。

仲間内で大湿と言えば私。

 

いや・・・・完全に名前負けしてますよ。

だって、诨名の説明にこうある。

当然,绰号也有它的明显缺陷,有时或流人低级趣味,如讪笑他人生理缺陷,因比喻夸张而近乎为虐等。

引用:http://baike.baidu.com/link?url=WpcBXWr987qsoZYAnh2NbmCflNjz5oRyW7CzMpK5Athm_kTCDRLAFsSbv7CzejD_OInVUVZ807aAhep-HCaSdytbYdaQGjxjIet8_mi2u4K

皮肉やな。

つか、大湿で意味わかる日本人はかなりローカルにどっぷりつかってますねwww

 

本論に戻りますが、

日本において中国人を姓名字で呼ぶもともとの文化をおもっきし無視した傾向はどこから発生したのだろうか???

と思ったら、wikiにもっと詳しい解説がありましたわ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%97

 

現代日本人と中国人。名前に関しての概念がかなり違う。

一般的に日本人は例えば私の趣味の釣りですが、釣り場であった人で自己紹介するとき、名字のみを名乗ることが多い。

 

じゃ、中国人はというと・・・・

適当なニックネームを名乗る。

日本だったらめっさ失礼な行為ですわね。

 

だから、教科書には中国で名前を聞くときは你叫什么名字って言えって書いているけど、ぶっちゃけ使ったことほとんどない!!!

 

じゃ、初対面で相手を何と呼べばいいかようわからん時はこれを使う。

我怎么称呼你?

 

これが一番多い名前の聞き方。

だいたい、初対面で自己紹介するとき、私をこう呼んでくださいって自分から言ってきますけどね。

 

ここで名前関連で中国でも文化が違う。

広東省に来てびっくりしたのが、

●●先生という中国語を聞いたこと。

これ、粤语からくる相手への敬称らしい。

 

いや・・・広東省以外使わんのちゃうか?

福建では、相手が目上だったら、老をつけて呼び、年下だったら小をつけて呼ぶ。

例えば、李さんだったら、見るからに年上だったら老李,

年下だったら小李。

広東だったら李先生

後は別で、会社の社長だったら、李总

親しみを込めて李哥などなど。

 

ぶっちゃけ年下の中国人でも私を敬称で呼ぶ人いませんけどね。

 

あと、中国人は恥ずかしくもなく・・・・

自分の英語名を名乗る。

実を言うと、私にも英語名がある。

以前、オーストラリア人の友人が強制的に私にプレゼントしてくれた名前だ。

正直、恥ずかしくてあまり使用してない。

適当に勝手につけた名前やもん。

それが、中国人になると、こっちが外人とわかれば、平気で勝手に自分でつけた英語名を名乗って、今後この名前で呼んでくれという。

 

英語が全くできないのに、アンディ。

・・・・・・・めっさ違和感感じるんですけどwwww

 

名前ネタはガンガン続くけど、

以前であった人で、杨志金という人がいた。

名刺をもらった瞬間。おおおお。お前は青面兽からとられた名前やな!!!と言ったら、びっくりしたことに、相手は知らんという。

は?杨志と言えば、中国人誰もが知っている名前ちゃうんか?と思ったけど知らんらしい・・・・。

そこで感じたのが、自分の名前にそんなに執着心がない。

聞けば、名前が理由でいじめられるとか、からかわれるということが中国ではあまりないらしい。

名前に関する重みが日本と全く違う。

 

たぶん日本人に私は英語名と中国語名で名乗ると、かなりの確実でキレられるだろう。こいつふざけてる!!となるはずだ。

しかし、中国ではそれが普通にまかり通る。

 

以前であった人の中で、姓は忘れたけど、名前が增水という人がいた。なんなんその名前?聞けば、村が増水した時に生まれたかららしい。

 

日本人的には・・・なんじゃそら~~~~~って感じなんだがね。

 

あと、悪女の代名詞で潘金莲というのがいる。

これも水滸伝からなんだが、武松の兄貴、武大郎の嫁である。

 

で、以前の町で仲良かった女の子の名前が

金莲だった。

以前悪女として名をはせた名前でも平気でつける中国。

 

こう一気に名前ネタ出しましたが、

この文化の違いが非常に面白い。

 

気が付いたのだが、多くの仲のいい中国人の本名を知らない。

ただ・・・それらの友人たちの多くも私の本名を知らない。

 

文化って面白いですよね。

-どうでもいい一言

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中国でバイクの免許を取ることにした その2

前回でとりあえず必要な資料はわかった。 そしてまず向かったのは 车管所 免許の住所変更とかここやろ。 また先のようにインフォメーションカウンターでどこ行けば聞くと、 10番カウンターいけや!!! 親切 …

中国でバイクの免許を取ることにした その4

前回までで公证书をゲットした私。 行先は先の驾校。 前回担当してくれたおばちゃんがいてる。 書類持ってきたでぇと渡す。   免許証出せ。 やっぱりいるかぁ~~~ あ?お前パスポート番号が違う …

バスに広告を出そうと画策中

え~~。本職はWEB企業のサーバー担当なんですけどね。 ひょんなことから色々なことをさせていただいてます。   それでバスに広告を出せないかという話になっておりまして。 バス系で広告を出せる …

中国でバイクの免許を取ることにした その7

しょぼいサイトで外部リンクがなく、同じドメインで趣味の釣りブログをやってて、 その影響でこっちの中山市のブログのほうが一向に検索エンジンにええように見てもらえん。 サブドメインですべてのブログを管理す …

バブルサッカー!!!!

タイトルのみ見るとおもろそうだが、 簡単に言うと・・・倒産してたwww この写真見ておもろそうだから見に行ってみたんだが 階下の看板みて怪しいなぁと思ってたら やっぱりつぶれてた。 非常に残念です。