福建省晋江市で釣り場開拓…失敗

中国大陸側に来ています。

タイトルの場所に行ったついでに釣りをしようと画策。

この晋江という街は交通がかなりめんどい。

厦门まで一時間少々で着くのに石狮まで二時間以上かかる。

ほんまふざけんのたいがいにせいやって感じだ。

住民だったら確実にバイク買ってるね。やってられません。

レンタバイクないか探すも、中国の田舎町にそんな良いものありません。

 

海まで行きたかったのだが、交通の番が恐ろしく悪いのであきらめた。

昼からちょっと時間空いたくらいだったので、市内のドブで釣りすることにした。

それでもバスに乗って40分くらいかな。

1083DDA3-E8D9-4783-B19F-2E116F104290

リアルドナドナに遭遇。

もうちょっとうまく取れてたらよかったけどね。

 

現場はこの清沟という川。

足元に草が生えまくってて釣りがやりにくい。とりあえず投げれる場所で投げる。

こういうわけわからん場所に入って行き釣り場所を一人で探すのが非常に楽しい。

地面に穴が空きまくってる。

あとでわかったけど、これ全部カニの巣ですわ。

 

原住民宅発見!

小魚は目視できるが、

全くバイトなし。

海のすぐそばなので潮の影響をもろに受けてた。

 

はい。納竿です。

帰りにふと川を上から見たら

あ…

ルアーが強烈に根がかるなぁと思ってたら、思っきし網やん。

かくしていつものように坊主で終了。

德尔惠站がどこにあるのかようわからんで迷う。地図の情報と場所がずれてること多々あるし、行ってみたらバス停らしきものが一切ない場合も良くある。

こういうのは中国の田舎町で開拓釣行するときに必ず直面するから。

 

自分日本人なんすけど、福建来ると故郷に帰ったような気分になってしまう。

釣り場開拓は大変で、なかなか釣れないけど、福建省の雰囲気や生活環境が好きですわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。