深センの釣りバカたち

深センのアマゾン釣り堀、公明金目海钓场。
あそこで出会ったらおばんと台湾人の王さん。通称阿伟。
年長者に向かって阿伟はちょっと失礼な気がするから、王哥だな。
彼ら二人は事あるごとに微信で連絡をくれる。
今晩も仕事でヘロヘロになっていた私にラオバンがいきなりメッセージ送ってきた。
最近鱤鱼よく釣れてるぞ!!
あと、バラマンディとピーコックバスもいい感じだ~~
と、写真をガンガン送ってくる。
バラマンディは最大級75cmだ~~
武石さん釣ってたのは1mオーバーだからなぁ。
ただ、バラマンディってめっさかっこいい魚なんですよね。
私釣ったのはちびマンディだったからなぁ。
ただ、あの釣り堀おかしいほどわけわからん魚がおるから
あの時も、最近買ったとか言って見せられたのはどでかい・・・・
アカメ
そんなもん釣り堀に放つんか・・・・。
アホすぎるぞここのラオバン。(アホは最上級の褒め言葉です)
IMG_0444_compressed.jpg
こいつ。
他人が釣った魚を持たせられての写真撮影だったからあまり気にしてなかったが、
よくよく見てみると、何の魚かわからん!!!!
ガーパイク系じゃない。
何だこの魚?
釣りとかそんなもんのの前に・・・最近知らない魚について見たり聞いたりするのが楽しい。しかし、釣れたらもっと楽しい!!!
なんやろなぁと思ってたらラオバンが微信で教えてくれた。
学名:Sorubimichthys planiceps
英語名:Firewood catfish
日本語名:どうやらない!!!
そのままカタカナ読みすっか。ファイヤーウッドキャットフィッシュって。
つか、こういう写真送ってくんなよなぁ・・・・
行きたくなるじゃないか!!!!
連休はすべて深セン行きにすっかなぁと思ってしまう。
ラオバンには良くしてもらっているし、
釣り堀の宣伝して、日本の釣りバカ誘致に協力したい。
マナーの悪い釣り客はあんなところまでいかへんやろと思っている。
簡単に行けてリゾート色強いのはタイにあるでしょう。
中国のアマゾン釣り堀は釣りを愛する人がほとんどですし、
中国語ができない人が一人で行くとなると、ほんまの釣りバカだろう。
そんな釣りに情熱を注ぐ人に悪い人はいないと信じたい。
中国アマゾン釣り堀の場所はこちらです。
Cut2015_1026_2259_40.jpgCut2015_1026_2300_20.jpg
深センの空港ついて地図見せていけるほど甘い場所じゃないですわ。
奇跡的に行けるかもしれませんがね。
あと、ぼろホテルは外国人泊めさせてくれないところがほとんどなのでここでも中国語で交渉せなあかんです。
それでも中国語できないけど行きたいという方がおられましたらご連絡ください。
仕事が忙しくなかったら、行き方レクチャー可能です。
話は戻るが・・・ファイアーウッドキャットフィッシュ。
釣ったとかいう日本人の情報が日本語サイト上では見当たらない。
釣ったら・・・前人未踏と言ってもいいかな?
釣れてないけど。持っただけ。
深セン行きたいなぁ・・・。チャンスを見て引っ越すかぁ・・・・。
そこまで考えているアホです。

深センの釣りバカたち」への4件のフィードバック

  1. はじめまして!
    深センと香港を中心に釣りをしてる者です。
    全バージョンのブログにて、リンクを貼っていらっしゃたので、
    ある程度、ご存知かと思いますが。
    (リンク、ありがとうございます!)
    以下、長文失礼します。
    ファーイヤーウッドキャットフッシュですが、ボクも非常に気になってる魚です。
    名前はこのブログで知りました。
    3年位前から写真で目にするようになってたんです。
    特にタイの釣り堀辺りで。
    同じ魚を去年ラオバンの釣り堀でも見ました。
    この魚ですがレッドテールキャットフィッシュと何かの混血と思われます。
    検索エンジンで「レッドテール ハイブリット 釣り」と検索すると見る事ができます。
    ラオバンはレッドテール並のパワーがあって、
    それより大きくなると言ってました。
    ボクは放流前にラオバンと見たので、釣る機会はありませんでしたが、
    1度は釣ってみたいですね。

  2. >村田 さん
    こんなブログに足を運んでくださりありがとうございます。
    実は4年くらい前より貴ブログを楽しく読ませてもらっております。スカッとしないブログ時代からです。何度かそのつど適当な名前を入れてコメントもさせていただいており、貴ブログが更新されるたびに通知が来るよう設定して目ざとくチェックさせていただいております。
    村田さんと違い私は全く釣れていませんが、それでも出撃するただのアホです。
    ネット上のお魚ベースはかなり雑多なものが多く信頼できるかどうか不明なものが多いと聞いておりますが、私はど素人でとりあえずその魚を識別できればいいと思っています。ただこれは完全に間違いやろという情報があればご指導くだされば幸いです。
    レッドテールハイブリッドと呼ばれている情報ありがとうございます。釣りに行けない日の妄想材料いただきました。
    5月中旬にあのびっくり箱釣堀にまた行く予定です。
    おもろい魚がかかることを期待していきます。
    貴ブログの更新をいつも楽しみにしております。
    こんなんですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。

  3. 「スカッと」時代から訪問して頂き、感謝です。
    このブログは管理会社がブログサービスを止めてしまったので、
    過去の記事がもう読めないのですが、
    深センのポイント開拓の記事にGaoxingさんからコメントを頂いた記憶があります。
    なんども読ませていただきました。
    Gaoxingさんの中国釣りあるあるに度々頷かされてます。
    苦労話に失礼なのですが、「クス」っと笑っちゃう事も。
    これからもお邪魔させてください。
    5月に深センに来られるのですね。
    もし、時間があり、迷惑でなければ、お供させてください。
    できれば香港でのアフリカンクララも。
    よろしくお願いします!

  4. >村田 さん
    何度もコメントいただきありがとうございます。
    深センには平日伺うことになり、その後広東省の町二つで会議です。
    週末香港はスケジュール的にかなり厳しく、残念ながら噂の女囚川には行けそうにありません。
    いつもブログで多くの方をアテンドされている様子にすごいわとしか言いようがありません。アモイで誰かアテンドしようにもろくな釣り場知らないので。
    機会があれば香港アフリカンクララはチャレンジしてみたいですね。たとえボウズであったとしても・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。