台湾台北の渓谷で餌釣り タイワンハナマガリ釣れた。あと、サバヒーを食べる。

子供のころミミズでフナ釣りばっかしてました。

10代後半から20代は釣りに行くなら渓流でアマゴ狙い。

ただ、あの頃余裕なかったから一年に一回くらいしか釣りしてなかった。

つまり、何が言いたいかというと、

もともと餌釣りしかしてなかった。

 

久々に餌釣りしてみた。

それも渓流釣り。

 

それはとある日・・・・。

台湾の休日。

川辺で焼肉しに行った。

釣り道具持って行くときに、

先日タオバオで買ったのべ竿を持って行くことにした。

4.5m 鯉用らしい

 

飯盒炊飯した。

ごはんつぶ・・・・・えさやな。

メダカみたいなちっこいのがいっぱいいる

釣れん・・・・。

さらに、目印とかない。

浮きない。

糸に重りつけて針つけたら何とかなるやろと思ったが、

釣れん・・・・・。

目の前に魚はたくさんおる。

釣れん・・・・。

 

そしたら、見かねた友人がこれを使えとくれた

パンに水を加えてコネコネしたもの

そしたら・・・・

即釣れたwwww

石斑鱼と地元民はいっている。

石斑鱼???広東省を出る前に言われてた。

台湾には淡水の石斑鱼というのがおるらしい。

どうやら・・・焼肉ついでの釣りで釣ってしまったwwww

普通石斑鱼と言えばこれだ

ほぼ、ハタ系の魚でうまる。

だから、検索しても海の石斑魚系列しか出てこない。

操作は困難を極め・・・・・・・・なかったw

こうなりゃfishbaseを開き、台湾の淡水魚で検索。

片っ端から写真を見ていこうと思ったら、上から3つ目にすでにどう見てもこいつがいてた。

さらに地域名:石斑。どう見てもこいつだろう。

というわけで、初めて釣れた魚ですので

 

台湾名:石斑魚

学名:Acrossocheilus paradoxus

日本語名:タイワンハナマガリ

釣れた場所:台北市士林區內雙溪

竿:タオバオ激安鯉用竿4.5m

餌:パンに水混ぜてコネコネしたもの。

その他の装備?忘れたw

 

こいつはタイワンアカハラのちびっこだと思う。

地元の友人もこれを見て一枝花と言ってたし。

 

メインが焼肉だったので、さっさと終わって遊んでた。

帰りがてらにこれ食えともらった。魚だという。

家帰って開けてみた。

あ、これ・・・・虱目魚やわ!!

この前私が食べたいと言っていたの覚えていてくれたんやわ~~

虱目魚、日本語名サバヒー。台湾で盛んに養殖されている。

どこで釣れるかは不明。

骨がすごいと聞いていたが、確かにすごい。

この誰かを罠にかけるためにこんなにささくれてんのか?と思えるほどだ。

ただ、中国淡水魚食いまくってきたので、小骨が多いとかもうどうでもいいかな。

これうまかった。皮もうまかった。

今度はあったかいうちに食いたいね。

 

 

この記事が気に入ったら
励みとなりますので、いいね ! お願いします。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。