台湾ショアGTに向けての準備と、その他諸々最近の雑感、台北近辺ポイント探しの旅

バイクの携帯電話ホルダーが壊れた。

買って2か月ちょっとだと思う。

台湾の商品はかなり中国大陸から来ている。

まぁ・・・こんなもんでっしゃろ。

ちなみにほぼ同じような製品でも日本で買ってきたという友人のものは全く壊れていない。たぶん、同じ中国生産だと思うんだけどね。

で、タオバオでスマホ防水ケース&ホルダーを買うことにした。

やっぱり台湾で買うよりも安いや。1週間くらい待てば来るしね。

 

全く釣りの話しちゃうやん。

そう思ってたが、ついでになんか買い物ないかなぁとタオバオ見てた。

買い物かごにリールとPEラインとリーダーが入っていた。

あ・・・・台湾ショアGT用に買おうと思ってたやつだわ。

山口漁具のPE6号?なんか貧弱じゃない?

そこで調べてみたら、ショアGTは最低でもPE8号が推奨らしい。

リーダーも16号って貧弱さを感じる。

150lbくらい必要やなということで、40号にした。

 

そして、あのようわからんドラグ30kgリールを購入することにした。

abuからリール出てたら買うんだけど、

abuってベイトリール多く出してるけどスピニングリール少ない気がする。

 

最近写真が少ないので、タオバオの写真を切ってはる

とうとうGTタックルを揃え始めた。

こんな中国の釣具使ってても本気ですよ!!!!

 

そして、laulauのスピニングロッドが再生産されるのを待っている。

やっぱりパックロッドでとことん釣りをしたい。

自分は釣メインのライフスタイルじゃなくて、

あくまで何かのついでの釣りであって、

趣味の領域だから。

まぁ・・・・腕が悪すぎてプロには死んでもなれんけどね。

あと海外メインだとやっぱり仕舞寸気にします。

中国の新幹線でバズーカ持ち歩いて、

もうええわと心底思った経験あり。

発展途上の場所ほどバズーカが邪魔でしょうがない。

金払って何とかならん場所もあるし、

ラッセルを余儀なくされる場所も多い。

開拓釣行ほどパックロッドは必要だと思う。

このlaulauスピニングのように超モンスターロッドでパックロッド他にないと思う。

あのドイツのロッドが気になったのだが、結局買えなかった。

ドイツに行って買うしかないのか、購入代行を利用すべきなのか・・・・。

transcendenceのスタッフの方の対応がかなり良かったので、

いつもながら情にすぐ流される私。購入をほぼ決定。

早く販売してほしいところである。

 

話変わって、桃園だったかな。海岸に行った。

竹囲漁港 空港の裏のほうですわ。

たぶん状況が良ければ釣れるんだろうな。

 

さらに今度は新北市のほう。台北の北のほう。

玉堂純海釣場

何故あそこに小便器が???

なぞだ!!!!

ルアーだめらしい。

値段聞いたのに忘れた。1500-2000/3hだったかな?

結構高かった気がする。

お魚お持ち帰りです。

さらにこのすぐ裏の海

台湾はいつもひそかに戦闘モードやなぁ。

今までいくつかの海岸行ってきたけど、ほとんどこのマシンガンぶっ放す塹壕ってのかな

それがある。

 

そして、さらに奥へ

富基漁港

釣り人は見当たらない。

 

さらに基隆の近くまで行ってみた。

跳石海岸

めっさキレイだったけど、釣具は持ってこず。別件で用事でした。

ただ、この日はかなり風が強く、釣り具持ってきてもあかんわぁって感じでした。

 

さらに家の近くのポイント発見

島頭公園

ここは釣れる。釣れてない自分が言うのもなんだけど、

ここは行けると思う。潮目がかなりできていて、岸際はマングローブの林。

次回はここに行くことに決めた。

たぶん夜になると思うけどね。

 

そんな感じでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。