台湾に生息しているとされるナマズ目の魚リスト20種。たぶん日本語圏では一番多く種類解説してます

台湾でナマズが釣れたけど、これほんまにマナマズかな?

fishbase台灣魚類資料庫に出てた台湾に生息されるとされるナマズを全て列挙してみた。

たぶん。ここが素人による日本語ネット情報の中では一番台湾のナマズを扱っていると思う。

ナマズ屋になった覚えはないのだが、何しかナマズと相性がいい私。

ナマズ釣り好きですよ。

 

ロリカリア科

プレコ

Hypostomus plecostomus

吸口鯰

 

マダラロリカリア

Pterygoplichthys disjunctivus

野翼甲鯰

琵琶鼠、清道夫、垃圾魚

 

Orinoco sailfin catfish

Pterygoplichthys multiradiatus

多輻翼甲鯰

多輻脂身鯰

 

Pterygoplichthys pardalis

豹紋翼甲鯰

琵琶鼠、清道夫、垃圾魚

 

アカザ科

Liobagrus formosanus

台灣鮰

紅噹仔、黃蜂

 

ナマズ科

ナマズ

Silurus asotus

鯰魚、念仔魚、廉仔、鯤魚、黃骨魚

 

ゴンズイ科

Plotosus lineatus

線紋鰻鯰

鰻鯰、沙毛、海土虱、斜門(臺東)

 

ヒレナマズ科

ウォーキングキャットフィッシュ

Clarias batrachus

蟾鬍鯰

土殺、泰國土虱、塘虱魚、泰國鯰、念仔魚、小丑武士

 

ヒレナマズ

Clarias fuscus

鬍鯰

鬍子鯰、土殺、本土土虱、塘虱魚、土剎

 

ハマギギ科

Arius arius

絲鰭海鯰

鐮海鯰、成仔魚、成仔丁、銀成、白肉成、臭臊成、賓士魚

 

Arius dispar

Fleshysnout catfish

異海鯰

 

Arius maculatus

斑海鯰

成仔魚、成仔丁、銀成、白肉成、臭臊成、生仔魚、鰻鯰、賓士魚

 

Netuma thalassina

大頭多齒海鯰

成仔魚、成仔丁、銀成、白肉成、臭臊成、賓士魚

 

Plicofollis nella

內爾褶囊海鯰

內爾海鯰、成仔魚、成仔丁、銀成、白肉成、臭臊成、賓士魚

 

Plicofollis polystaphylodon

葡齒褶囊海鯰

莫桑比克海鯰、成仔魚、成仔丁、銀成、白肉成、臭臊成、賓士魚

 

Tachysurus adiposalis

脂鮠

三角姑、淡水河鮠、長脂擬鱨、長脂擬鱨鮠

 

ギギ科

Pseudobagrus brevianalis

短臀擬鱨

短臀拟鲿

 

Pseudobagrus taiwanensis

台灣擬鱨

Tachysurus adiposalis

長脂瘋鱨

長脂擬鱨、脂鮠、淡水河鮠、三角鉤、三角姑

 

アメリカナマズ科

アメリカナマズ

Ictalurus punctatus

斑真鮰

斑点叉尾鮰

 

台湾のナマズに関する考察

僕らがクララもしくはクラリアスと呼んでいるのはヒレナマズ科の魚のことだけど

台湾では二種類しかいないらしい。

いつも釣っているのはどっちなのだろうかとまた凝りもせずに文献を調べてたら、

衝撃的な研究論文を発見。いや、自分にとって衝撃だっただけですけどね。

Effect of dietary protein level on growth, survival, feed utilisation and body composition of hybrid Clarias catfish (Clarias batrachus × Clarias gariepinus)

Clarias batrachus と Clarias gariepinusの交雑種に関する実験ですと?

この二つ交配できるんだ・・・・・・

じゃ、台湾に複数のクララがいたらワイルドの環境下で交配するでしょ。

やっぱり同定するのかなり難しいね。

今まで通りクララとかクラリアスって呼んでいていいと思う。

思うのだが、魚の同定に関するネット上の情報が少なすぎる。

こういうのを釣り業界が率先してやって欲しいなぁ。

魚に関しての興味が増せばそれを捕獲したいという思いは強くなるでしょう。

そしたら釣り人口も増えるという、風が吹けば桶屋が儲かる理論かなぁ。

 

南方大口ナマズは台湾には生息しないとされている。

私的には釣った瞬間、これは南方大口ナマズではないかと思ったのだが、

研究資料的にはマナマズ。つまり日本のナマズと同じらしい。

これはほんまかいなと思ってしまう。

日本から遠く離れた島の台湾で日本と同じナマズが生息する。

まさか、以前に日本人が台湾に持ち込んだのかな???

例えば、鮎も台湾にもともと生息していないのだけど、日本から持ってきて放流されている。

 

この辺はようわからんわ。

 

そんなこんなでマニアック度が少々高かったかもしれんけど、

ナマズ好きには役に立ったかもしれん。

クラリアスは頻繁に雑種が生み出されて食料として品種改良の研究がおこなわれていることを知れたのは興味深いね。

この記事が気に入ったら
励みとなりますので、いいね ! お願いします。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。