台北の川でルアー釣りしたらターポンがガンガン釣れます

水曜日の晩。釣り行きたいなぁと思ったけど遠くまで行く時間なし。

2651f-4の#1がなくなっているので、

一軍ロッドが使用できない。

ようわからん中華2ピーススピニングあるけど

あまり使う気にならんのよねぇ。

となると・・・1753r-5使うか。

あれ使って釣れる魚ってシーバスとかバラマンディちゃう?

 

ふと考えた。

腕は良くないのだが、それでも年々腕は上がっている。

毎週釣りに行っているし、一応しょぼい頭で考えて釣りをしている。

ちょっと前まで1753r-5は使いどころがないと思っていたけど、

いま一度試してみようと思った。

このロッドで最小どんくらいのルアー投げれるんかな?

 

タイトルを1753r-5のインプレにしたらよかったかな。

というわけで、釣れんでもええわ。1753r-5の振れる範囲を知る。

今回の目的ですわ。

 

場所は老地方。

家の裏のクルーザー置き場です。

フィリピンで使用して、この竿やっぱ好きだなと思っている。

 

popmax 何グラムか知らんけどかなり軽いと思う。

ブレーキ調整しつつ投げてみたら20-30mは飛ぶ。

十分でしょう~~

ターポン食ってくるかなと思ったけど何も来なかった。

 

 

14g中華激安ジグ。

ぶっ飛ぶね~~60mくらい飛ぶ。

文句なしに使える。

 

 

あまり多くを語れないバイブレーションだけど、私が最も愛用している子。

問題なく飛んでいく。

おまけでボラの子供ですかねスレがかり。

ボウズ回避おめでとう~~とかいらん。

スレがかりのみはボウズと一緒とカウントしてますので。

 

 

1.5gジグヘッドにグラスミノーS

さすがにこれは飛ばなかった。

バックラとか言う前に、飛ばない。

コントロールもムズイ。

 

1.5gジグヘッドに中華4インチシングルテールをつけても投げれると言えなかった。

 

しかし、3.5gジグヘッドに4インチシングルテールグラブは20mくらい飛ぶ。

これくらい飛べば十分だろう。

いける!!!こんな軽いの実験したことなくて、今よりもっと腕の悪い以前は軽いの投げたらすぐバックラしてた。今日はほぼバックラせず。

 

というわけで、1753r-5は3.5gジグヘッドいけます!!!

これ最小値あたりだと思う。

ただ、リールによっては1.5gも投げれるのかもしれない。

1753r-5のインプレは極めて少ないから、

誰か検証しててもネット上にはほとんど見当たらない。

とりあえず1753r-5購入を考えている人とか参考にしてくだされば嬉しい。

 

40g中華激安キャスティングジグ

問題なくぶっ飛ぶ。

ロッド表記のスペックが最大ルアー40g。

余裕でかっとぶ。所持していないんだけど80g位も投げれるんちゃうかなぁ。

大概オーバースペックなルアー投げても問題ないし。

 

 

これも多くを語ってはいけないルアーかな・・・・。

タオバオで激安です。

 

以前にこのルアーでターポンらしきものが釣れたんで。

台湾人で会った釣り人のすべてがターポン釣るのにワーム使用。

だけど、私は状況に応じて変えたほうが釣れると思う。

現にこの日、3.5gジグヘッド+シングルテールではノーバイトだったけど、

 

この◎リア10もどきと言うか、何というか・・・・これ、かなりターポンに効く。以前シュガペン95Fでもターポン釣れているから、台北のターポンは小さなルアーじゃないと食ってこないということはない。

 

動きはいつもかなりデッドスロー気味のただ巻きでガツンと食ってくる。

余計なアクションして釣れた覚えがない。

トップの場合はドッグウォークが有効な時もありますよ。

 

そして、なんか知らんけどこの日は釣れると思った。

ど干潮からの下げ1-2分という時にヒットした。

 

 

ルアーは◎リア10もどきでかなりのスローなただ巻き。

 

一匹釣れたので満足。帰ることにした。

 

モザイクかけなくていいのかという写真だが・・・

 

 

最近変顔しながら釣った魚と一緒に写真を撮るのがマイブームです。

出したらあかん写真やな・・・・。

 

この日の検証の結論

 

・1753r-5で3.5ジグヘッドいける

・ターポンはそこそこでかいルアーにも獰猛に襲いかかってくる

 

沖縄でもターポンバシバシ釣れるみたいで

台湾らしい魚やなぁとは言えない。

 

軽いルアーも投げれることが分かったので

今後しばらく1753r-5で遊びます。

この記事が気に入ったら
励みとなりますので、いいね ! お願いします。

Twitter で

台北の川でルアー釣りしたらターポンがガンガン釣れます” への2件のコメント

    1. >おあずけ さん

      いや、台北の夏にターポンが尋常じゃなく釣れるんだと思いますよ。
      シーバスやバラマンディはまだ仕留めることができていませんので、
      大型化する個体確保が今後の課題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。