台北でパシフィックターポンを釣って食べる。味はうまかった・・・・

前回の続きですわ。

釣りました編は終了したので、

今回は食べてみた感想です。

 

家に持って帰る途中、どう調理するかをあれこれと考えていた。

今オーブンが宿舎にないし、買う気がない。

塩焼きは無理やな。

この魚見たところ煮つけがうまそうだ。

というわけで、醤油煮に決定。

清蒸はさすがに怖かった。

臭かったら食えたもんやないですからね。

 

家に帰ってネット見たら、

この魚まずいという評判らしい。

調理しながら不安を覚えたが、

とりあえず予定通り醤油煮込みにする。

家から徒歩10分の場所で釣って、〆たりせずに持って帰ってきた。

リュックの中で暴れまくってた。

背びれの一部が長い。かっこいいねぇ。

家に帰って即うろこを取って内臓を取り出す。

おなかの中空っぽ気味だ。こいつかなり飢えていたのかな?

痩せた魚っぽくは見えないんだけど、痩せてるやつはあまりうまくないからなぁ

そういう不安要素を抱えたまま煮込んでいく

あ・・・宿舎に皿がない。

しょうがないから鍋のまま食べ始めてみた。

噂通り骨が多い。

しかし・・・うまいと思うんだが。

卸さずに、丸ごと一本に込んだら身がするっと取れて、そんなに小骨に苦しまずに済んだ。

あとあと他の方々のブログ等で見たら、卸したら身がグズグズらしい。

中国式で一本丸ごとに込んで正解だった。

ご飯と一緒に食べたくなる味でした。

次回釣れたら味噌煮にしてご飯と一緒に食べようと思います。

 

ネット上でかなり評価の低い魚でも、

なぜか中国圏ではうまいんですけどね。

自分の舌が腐って来てんのか?

このターポンまたの名をイセゴイ。まずいと評判らしいのだが、

個人的には釣ったらまた食べようと思うリピーター宣言してしまう魚だ。

 

以前にハクレン食ったときもうまかった。

とろける旨さがあったが、日本のブログのほとんどがかなりくさいという評価が多い。

 

中国圏の水質が違うのか?

よくわかりません。

 

裏のどぶ川のティラピアも釣れたら

紅燒魚にして食おうと思っていますからね。

うまいんですよね。

 

マーレイコッド釣り堀は釣ってもお持ち帰りダメだろうなぁ・・・・。

見るからにうまそうなマーレイコッド。

 

次回はティラピア釣りとプレコ攻略ですかね。

プレコの食べ方ググっとくかな。

この記事が気に入ったら
励みとなりますので、いいね ! お願いします。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。