中国の釣り堀で釣り。ハクレンを食べる。

タイトル見ていつものことやんと思った方。

その通りですわ。

タイトルなんかつけんのめんどくさなってきましてね。

これ、商売ブログだったらタイトルめっさ重要ですけど、

趣味なんで・・・・・。

内容と全く関係ないタイトルつけてもええんですけどね。

 

結果を言うと、ボウズでしたね。

さらに結論を先に言うと、南朗の釣り堀にはもうフィッシュイーター系まったく入れていなかったようです。

老板が変わったというか、老板は変わらんのですけど、管理を委託してた人が無能だったから首にして別の人間にしたとか。

で、老板自ら言うには、大头鱼,草鱼,鲤鱼,鲫鱼をいれていくと。

 

おいおい・・・・ルアー対象魚ゼロやんけ。

そらぁ釣れんわ。

 

さらに、この日スレがかりで大头鱼ことハクレンがかかった。

しかし、スレがかりとかやと写真も全く気合いが入ってない。60-70cmくらいのハクレンでかなりデカイけど・・・・

いらんかな・・・・

スレやし。

この釣り堀ともさらばやわ。

 

で、釣れてしまった大头鱼いらんわぁと言ってると、

管理のおっちゃんが引き取っていってた。

後で食うんやね。

 

この時はフィッシュイーター入れてないの知らないから必死でキャストを繰り返してた。

 

やむを得ず、ツインテールグラブで際をくまなく攻めまくってみると、なんかがチェイスしてきた。

 

やっときたか!!!!

食ったと思ったら・・・・ティラピア。さらにバレた。

けっこうでかいティラピアやけどいらんわぁ~~~~

 

で、夜真っ暗になってもあきらめずに投げていたら・・・

 

飯やぞ~~~~~

 

と呼ぶ声がする。

は?と思ったが、どうやらさっきスレでひっかけた(釣れたとは恥ずかしくて言いにくい)ハクレンを調理して、夕食に招いてくれているようだ。

 

管理人夫婦と老板と私。4人で飯を食う。

ハクレンをガッツリと食ったけど・・・・これ凄い魚やな。

なんつぅか脂がど~~~~んやわ。

ハクレン食ったレポ見ると、やっぱ出てくる平坂さん^^

http://howtocatchaliens.blogspot.com/2015/03/blog-post.html

 

いや、平坂さんほど凄いことしてないんすけどね。

ただ、出会った中国人にこれ食えと勧められたらなるべく食う。

中国人だけじゃないですわ。どの国行っても勧められたらとりあえずは食ってるな。

余談ですけど、一番ファンキーだったのはナイジェリア料理かな。

なんじゃこら~~~と理解に苦しむ味付けが多かった。

嫌いじゃないですよ。

 

上記の平坂さんのブログを見るとめっさ臭かったようだが

今回食ったハクレン。全く臭くなく、またくささの元凶とされている脂が・・・・とろける。

なんだこれは!!!!

なんか異次元のうまさを感じる。

これまでにない出会いにびっくりですわ。

極めて旨いとかは言わんのですが、

なんか今まで出会ったことのないもので、

全く予想外の方向から味覚を攻撃してきたという感じ。

 

ここで過去釣ったアメリカナマズもうまかった。

臭くなかった。

中国の釣り堀の淡水魚は総じてうまいんじゃないか?

あと、市場に流れているのはほぼ養殖ものだから

臭いと思うことはあまりない。

 

なんか釣りレポというか食レポになってるな。

しかし、ここの3人。湖南人。

普通话がなまりすぎてて何言ってんのかさっぱりわからん。

何度も聞きなおしてやっと理解。

なんで広東省まで来て湖南発音に悩まされんとあかんのかは意味不明だがね。

 

で、ご飯食べているときにフィッシュイーターいないという話を聞いた。

そして、私は・・・・竿を治して帰る準備を始めた。

だって、これ以上やってもまたスレがかりするだけでしょ。

 

帰りに、彼らからまた来いよ!!!

次は一緒に飲もう!!!

とか言われたけど・・・・・

ごめん。もうここに来る理由がないんだ。

 

次餌釣りでもすっかなぁ・・・・。

現地人との交流もいいものだから、

ルアー縛りにする必要もないし。

実際草魚釣ったことない。

チャンスがあればやってみたいね。

 

 

中国の釣り堀で釣り。ハクレンを食べる。” への2件のコメント

    1. >おあずけZ さん

      いや・・・・餌釣り言うても草魚とか鯉ですよ。
      どっかでやっておきたいですね。

      海は近くにないんでチヌとか狙えません~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。