ナマズ釣りをスピニング タックル+Spin GavachoでGO!

タイトルから見てもわかると思うのですが、

自分どんだけジャッカルのスピンガヴァチョ好きなんやねんと突っ込まれそうですね。

最近、台湾のマナマズ(日本のナマズと同じらしい)ポイントを調査してきまして、

やっぱスピニングタックル+スピンガヴァチョやなと。

 

ナマズ釣りで使用しているスピニングタックル紹介

タックルセッティングとか10人いれば10人とも違うと思うのですけど、

私が今回ナマズ釣りをやったポイントは川でして、障害物がさほどありません。

基本的なセッティングは以下の通りです。

 

ナマズ釣りの基本的なスピニングタックルセッティング

ロッド:中華激安1000円スピニングパックロッド

リール:ダイワ レブロス2500

ライン:中華激安PE 1号+YGK一番安いフロロ4号

ルアー:ジャッカル スピンガヴァチョ 色はなんでもいい

 

上記のセッティングがベーシックです。

まぁプロちゃうので頻繁にライン変えたりすんのめんどいでしょ。

あと、ナマズ釣ること多いのですけど、ナマズ専門やないので色々釣りたい。

だから、ある意味中途半端なタックルセッティングかもしれない。

上記のタックルで台湾淡水ほぼ何でも釣れる。

あ、ルアーはその都度変えますけどね。

ただ、飛距離稼ぎたいときは以下のように一部変えます。

 

ナマズ釣りスピニングタックル:飛距離重視のリバーフィッシング

 

リール:セドナ 1000

ライン:中華激安0.6号PE+YGK一番安いフロロ4号

 

この部分変えるだけで、5gやったけ?6.4gだったか忘れたが

スピンガヴァチョが気持ちよくぶっ飛んでいく。

 

ミディアムくらいのロッドに細めのラインがスカッとぶっ飛ぶセッティングですね。

ただ、ラインかなり細いとドラグはゆるゆるにしときます。

そうせなラインブレイクしますんで。

あとこれは障害物少ない場所でのセッティングであり、

水草ど~ん、障害物ど~んな場所でこのラインの細さは結構危険かと思われます。

川ナマズはこれでいけるかなと。

 

ご察しの通り、高い釣具使ってません。

それでも釣れるので特に不満ないです。

ワールドシャウラスピニング修理待ちなのですが、この中華激安タックルの硬さ結構気に入っています。

安いロッドはガイドが悪いとか言いますけど、なんら不満ないですね。

しいて言えばロッドのデザイン、ロゴ、ネーミングがダサい。

やっぱりかっこいいロッド持ちたいですやん。

 

ただ、このスピニングロッドはコスパ最高にいいので、

日本に帰るときとかはお土産に買って帰ってます。

ちびっこへのプレゼントとか。

タックルベリーの店長にこのロッド見せたら、日本でこのクオリティで1000円はないですよという言葉いただく。

自分がそのロッド作っているわけでもないけど、こう言われると何かうれしい。

 

ナマズ釣り:3月某日台湾にて

以下実際の釣行記録です。

 

仕事を早く切り上げれることがわかり、最近の激務の中でこの週はここしか釣りに行けないだろう。

チャンスはここしかない!!

というわけで行ってきました。

台湾にわざわざ来てマナマズつまり日本と同じナマズ釣りたいですか?

旅行者こういう考え持っている人は、すごいですけどね。

居住者としては、台湾で釣った魚種数上げるためにレコードとして持っておくのもええかなと。

ぶっちゃけ今回釣ったときに、釣ったナマズを食べるかどうか結構悩んだ。

ただ、最近忙しくて料理する気力がない。

とりあえず、誰のためになるかわからんけど場所をいつものように晒します。

 

ナマズ釣りポイント:台北近辺です。

台北から行けるナマズ釣りポイントはこちら。

五堵火車站から歩いて行けるんで、台北旅行の際に行くことも可能ですが、

旅行者でナマズ釣りしたい人なかなかいないと思いますね。

居住者の方はこちらアクセスはしやすいですので、良ければどうぞ。

ちなみに台湾居住日本人でルアーやっているの2人しか知り合いいません!!

 

また、ここのナマズポイントなんですけど、

川に入らなあかんのですよ。

サンダルでざぶざぶ行くか、長靴でそぉ~っといくか、ウェーダー着るか。

水はぼちぼちきれいですね。どこと比較して綺麗というかによって感覚は変わりますが、

道頓堀川よりはるかにきれいです。

 

ウェーダーは台北のタックルベリーで売ってます。

 

3月のナマズ釣りはそこそこ寒かった

台北はもう桜も終わるころで、春なんですけどこの日は寒かったw

しかし、一応仕事している身としては、そう簡単に時間は取れない。

次いつ釣りに行けるか定かではない中、寒かろうが暑かろうが休みなら行く

時間があれば行く。

最近はヘタレなので雨降ったら行かないw

昼間あったかかったのだけど、夕方から急に冷え込んできた。

こらぁヤバいかなぁと思って現場に着いた。

 

活性低!!

前回来た時よりも明らかに活性が低い。夕マズメなのにイマイチな活性。

やっべ~~。こりゃボウズ覚悟やな。

 

それでも私はトップウォーターを投げた

 

どうせボウズなら、気持ちよく好きなルアー投げてボウズで行こう~~

 

ヒーローは忘れたころにやってくる・・・・。

 

夜のナマズ釣りのコツ?自分なりのやつ

日が暮れて、こらぁビデオ回してもあかんわと止める。

20時にタックルベリー行きやから19時には上がろうか~~と考えながら

ほぼ時間つぶし気味で、小魚らしき波紋が多いところにせっせとスピンガヴァチョをぶち込んでいく。

何も考えずにアクションさせるの疲れてきて、微動虫シェイクに変えて動かしていたらきた。

 

バフってでて、クアリアスと一緒で合わせない。飲み込んでもらう。

ここでオーバーにフッキングすると結構な確率でルアーがぶっ飛んでくる。

個人的にはナマズ釣りにフッキングはらんと思っている。

鬼合わせとかいらん。

 

バフってナマズが食った音がしたら、1秒くらい何もせん。

ロッドにテンションかかったら、食ったなという確認になる。

ほんまバフって暗闇の中いって、そこで鬼合わせしたらフック外れること多い。

呑み込みが甘いんやと思う。

クラリアスもそうやけど、食って次の瞬間おもっきし走り始める。

勝手にフックが食い込んでる感じですな。

マウスオープナーは必携。

 

で、ドラグはゆるめでお疲れになるまで走ってもらう。

止まったら巻き、走ったらドラグ出すを繰り返していると疲れてくれる。

無理に巻くとフック外れる。0.6号くらいのラインならラインブレイクする等危険がある。

状況に応じてこのへん変えていくけど、基本感覚上記のような感じかな。

 

ナマズ釣り台湾編成功~

釣れました~

川べりで釣っていたのでランディングネットなし。

ぶっこ抜くというか、岸に上がっていただきました。

記録54cm

マナマズって70cm越えたらかなりヤバイ大きさのようだ。

54cmはそこそこええサイズって感じですな。

結局は持って帰らずにお帰りいただきました。

 

ナマズ釣りを終えて

もうええかな。たまにまた行けたらいいけど

ちょっと家から遠いし、次の魚種狙って釣りに行きます。

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
励みとなりますので、いいね ! お願いします。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。